タイ料理「カオソーイ」【東京屋台@東京駅】

東京駅は北町ダイニングにある「東京屋台」でカオソーイランチ。

「カオソーイ」は、チェンマイなどのタイ北部やラオスで食べられている麺料理です。

地域によって作り方が異なりますが、コチラのお店はタイ風カオソーイ。

■What’s カオソーイ?

タイ北部チェンマイのカオソーイは、タイ特有の激辛ではなく

カレーにココナッツミルクを合わせたマイルドな麺料理です。

ゆでた麺の上に揚げた麺が乗った、2種類の食感が楽しめます。

トッピングに肉や、ホムデンと呼ばれる小さい赤タマネギ、

パックドーンというタイの高菜漬けのようなもの、ライム、パクチーなどが乗っています。

麺は日本人にもなじみのある、バミーとよばれる卵麺を使うことが多く

カレーはレッドカレーを使うのが主流です。

■東京屋台ランチ

こちらのランチ、デザートバイキング付きで¥1,000です。

タピオカミルクやマンゴープリン、杏仁豆腐の他に

ケーキやフルーツなどが食べ放題。

なので、ランチタイムは女性率が高いです…。

カオソーイにはサラダが付きます。

お好みで小ライス(タイ米)をサービスしてもらうこともできます。

IMG_0562

卵麺が主流と書きましたが、コチラでは米麺が入っています。

ラオスではこちらの麺を使うのが主流のようです。

センヤイという、一番太い麺が使われています。

乗っている揚げ麺は卵麺。

個人的には、卵麺のカオソーイの方が好きかもです(ゴメンナサイ)

お肉はトリの唐揚げが乗っていて、かなりボリューミー。

辛さはかなり控えめです。

辛党なワタシ、ちょっともの足りず…。

頼んでしまいました、トウガラシ(笑)

タイの食堂で必ずテーブルに置いてある

トウガラシ・ナンプラー・お酢・砂糖の4点セット。

テーブルには置いてありませんが、こちらのお店でもお願いすると出してもらえます。

スープとタイ米、セットでいただきたかったんですが

オナカいっぱいでギブアップ。残念です!

【東京屋台】

東京都千代田区丸の内1-9-1

東京駅八重洲北口2F 北町ダイニング内

営業時間:平日 11:00~23:00(L.O22:00)
土日祝11:00~22:00(L.O21:00)

日本ブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
ad-responsive
ad-responsive
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします♪