ネパールのスパイシー焼きそば【チョウメン】

たまには焼きそばもスパイシーなものが食べたい!

そんなときににオススメなのがこちら、「チョウメン」です。

今回はネパールのチョウメンのレシピをご紹介します。

「チョウメン」とは?

諸説ありますが、中国の炒麺がチョウメンとしてアジアに広まったもののようです。

ネパールだけでなくインドでもポピュラーな麺を炒めた料理で、日本でいう焼きそばのような料理。

マレーシアやシンガポールなど、インドや中国系の方が多く住む地域でも食べられています。

一言で「チョウメン」といっても、レシピはさまざま。

スパイスが入ったものから、チリソースや醤油で味付けしたもの

ケチャップやソースで味付けしたものなど色々あります。

インドのレストランでは、Chinese Noodleとしての位置付けで提供されていることが多く

スパイスを多様せず、日本の焼きそばに近い感じのものの方がメジャーだと思います。

また、ベジタリアンが多いので、ベジチョウメンとして肉が入っていないものも多いです。

今回はピリっとスパイシーなものが食べたかったので、スパイスを効かせたネパール流で作りました。

ネパールでは鶏肉の細切りを使うことが多いですが、楽ちんなので今回は豚こまを使用しました。

また、現地では生麺をそのまま炒めて作りますが、日本の焼きそば用の麺を使用しています。

野菜も、家にエリンギがあったので…という感じですが

しめじを使っても、またゆでタケノコやにんじん、もやしなどを入れてもおいしいです。

ちゃちゃっと炒めるだけのお手軽メニュー!

休日ランチにも、夜食にも、ビールのお供にもなる料理です♪

【材料】(1人分)

焼きそば用蒸し麺・・・1袋

タマネギ(細切り)・・・1/2個

ピーマン(細切り)・・・2個

エリンギ(細切り)・・・1本

トマト(角切り)・・・1/2個

豚こまぎれ肉・・・100g

にんにく(みじん切り)・・・1片分

しょうが(すりおろし)・・・小さじ1

塩・・・小さじ1/2

★パウダースパイス

ガラムマサラ・・・小さじ1

ターメリック・・・小さじ1/2

カイエンペッパー(チリペッパー)・・・小さじ1/2

シナモン・・・小さじ1/4

★お好みで

卵(目玉焼き用)・・・1個

パクチー(荒くきざんだもの)・・・適量

【作り方】

1. フライパンにサラダ油を熱し、ニンニクを入れて焦がさないように炒める。

2. ニンニクの香りが立ってきたら、タマネギ・豚肉を入れてしばらく炒めたら、ピーマン・エリンギを加えてさっと炒める。

image

3. パウダースパイスと塩を加えて炒め合わせる。

image

4. 焼きそば用の麺を入れ、ほぐしながら炒める。

image

5. トマトを入れて炒め合わせ、味をみて必要であれば塩を足して調整する。

image

6. お好みで目玉焼きとパクチーをのせて完成♪

【Memo】

*目玉焼きをのせるときは、サラダ油でカリッと焼き上げ、半熟の黄身を絡めて食べるのがオススメです!

*お好みでライムをしぼっても、サッパリ食べられておいしいです。

New layer…
日本ブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
ad-responsive
ad-responsive
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします♪