【世界一周7日目】スリランカ出国トラブル!インド・チェンナイへ

今日はいよいよスリランカを出国して、2ヶ国目インドへ。
目的地は南インド、チェンナイ。

ほぼ移動の記録と、空港トラブルに関してなので
読むのがめんどくさかったら飛ばしてください。(笑)
コロンボ、チェンナイに行く予定のある方には、ご参考になればと思います。

当初チェンナイ泊を予定していましたが、
ホテルの値段が高く、移動の値交渉もめんどくさそうだったので
一気に南下し、マーマッラプラムという街まで移動することにしました。

平和だったスリランカ、久々にインドの雑踏に突っ込むかと思うと
ちょっとナーバスになりつつも、テンション上がってたりもします。

あとは飛ぶだけ、のハズが、まさかのカウンターストップ…。
本気で飛行機のキャンセルを検討しました(笑)

写真どころではなかったので、文字ばっかりでスミマセン。

とにもかくにも、なんとか無事チェンナイに到着。
3週間くらいインド滞在を予定しています!

コロンボから空港へのローカルバス

今回のスリランカ航空のフライトは13:05。
時間に余裕はあるけれど、バスが遅れるなどのトラブルを考慮し、8時過ぎに出発。

Gall road沿いのバス停から、コロンボ駅前のバスターミナルへ。
Rs12(1Rs=約¥0.72 2016年7月現在)と良心的価格のバスで移動します。

荷物を抱えてバスへ。
運良く停車時間の長い(すぐ出ちゃうので)、座れるバスがきました。
乗務員のお兄さんがスーツケースを運び入れてくれました。ラッキー♪
空港の目の前で停まるエアポートバスに乗ろうと思っていたのですが
ホテルの人に聞いても、バスで隣になったお兄さんに聞いても
返ってくるのはローカルバスの説明だけ。

バス停に到着すると、すぐ後ろにローカルの空港行きバスが。

乗務員のお兄さんも、バスに乗ってるお兄さん、おばちゃん、
おばあちゃんまでもがそのバスに乗るんだよ、と笑顔で教えてくれます。

エアポートバスを探すのを断念し、言われるがままバスに乗ります。
荷物はお兄さんがまたもや運んでくれます。
今日はなんかツイてる♪

空港行きは187番のバス、Rs100です。
1時間半くらいかと思っていましたが、
2時間近くかかって、10時半に空港着。

このバスに乗ったことが、この日一番の幸運になるなんて
思いもよらないまま空港へ向かいます。

え〜…そっちのチケット必要なの?

バスは空港から少し離れた場所に停車。
トゥクが待ち構えていますが、そんなに遠くないので歩いて向かいます。
バスが来た方向へ戻り、道路を渡って右へ。
その先のY字分岐を右方向へ進むと、5分くらいで空港の出発ロビーに着きます。

空港に入り、荷物を預けにBaggage Dropのカウンターへ。

カウンターの職員から
「インド出国のチケットはありますか?」
との質問。

これ、もしかしてマズい展開…。
ネットでよく見る、旅人アルアルなトラブルじゃないでしょうか?

インドの次の行き先は、ネパール。
日程は、今のところ、未定。
出国のチケットなんて、ないない、そんなもの。

私「次ネパールなので、バスの予定なんですよね。」
職員「ネパールからの帰国チケットは?」
私「・・・アリマセン。」
職員「じゃあ、ネパール行きのバスは予約してる?」
私「・・・シテマセン。」

ハイ、アウト。

今すぐ予約して、チケットを確認できないと
出国させてくれないとのこと。

え〜・・・、そ〜なの〜・・・?

どうやら、スリランカ航空の決まり、なんだそう。

スリランカ航空では、スリランカに入国する際に
e-chicketのプリントあうとと、スリランカを出国する航空券が必要で
ないと入国できないという情報は得ていました。

なので、出国のチケットを取って、プリントアウトをして
カウンターやイミグレで出す準備をしていたのに
一度も確認されることなく入国できてしまったんですね。

入りがゆるかっただけに、油断。
というか、完全に知らなかった。

さて、どうしたものか、困りました・・・。

Thank you Mr.Shawn!!

いきなり誰だよって感じですが、
同じバスに乗っていたアメリカ人のおじさまです(笑)

この方が、本日のlucky person!
このおじさんに、今日は本当に救われました。

この後はモルディブに行くとのことで
同じスリランカ航空、同じフライト時刻であることが分かり
なんとな〜くバスを降りたところから、一緒に動いてたんですね。

手荷物検査を受け、一緒にBaggage Dropカウンターへ。

カウンターで搭乗拒否をくらった私を見て、
ネイティブ英語でガシガシ交渉にかかってくれました。

結果、やはりチケットがないと出国できないことが分かると
それからひたすらチケット予約の方法を一緒に模索してくれました。

Arrivalのフロアでは比較的容易につながったwifiが
ここにきて、Departureではとっても弱い…。

つないでは切れ、つないでは切れを繰り返し、
なかなかチケットを調べるところにも至りません。

手荷物カウンターの前で、おじさんが一緒にフロアに座り込んで
チケットを探してくれました。

この方、休みのたびに海外に行っているのか
行った国は50ヶ国を越え、しかもアジア好きときた。

バスだの電車だの、便利な予約サイトをいくつも教えてくれ
インドからネパールに自身が抜けたときのルートを一生懸命探してくれる。

Baggage dropのタイムリミットは12:05。
すでに時間は11:40。

さっぱりつながらないwifiに、半ば諦め気味になってきた私を
一生懸命励ましながら、一緒に検索してくれました。

同じトラブルで慌ててチケットを買った人のサイトを
探してくれて、結果AirAsiaがスムーズだろうという結論に。

一番安い航空券をとりあえず捨てチケットとして購入することに。

AirAsiaのサイトがなかなか開かずキリキリしている間に
またもやおじさんが、インド出国の一番安い適当なチケットを
Skyscanarで検索してくれていました。

もう、必死です。
なんでか、おじさんまで必死です。

wifi速度の都合上、eチケの送付まで待てず、
予約番号が出た画面をとりあえず持ってカウンターへ。

時間はもはや1分前の12:04、まともに並ぶと間に合わないので
おじさんがエグゼクティブカウンターに突っ込んで行きます。

予約完了かどうか分かったもんじゃない、
wifiが切れた状態の画面で、とりあえずチケットを取ったことを伝え
なんとか、なんとか無事クリア。

もう、おじさんのファインプレイに、
ありがとう以上の言葉が見つかりません。

無事に搭乗口まで行き、そのまま笑顔で
モルディブ行きの飛行機で旅立って行きました。

何にも無い搭乗口。

IMG_9773

搭乗時間ギリギリまで付き合ってくれたMr.Shawn、
おかげで無事インド着いたよ!ありがとう!!

この後分かりましたが、wifiが遅すぎて決済が完了せず
実は予約ができていなかったようで。
結局チケット買わずして出国したみたいです。

結果オーライですかね。
何はともあれ、よかった〜!

最後のスリランカ料理は機内食…

時間に余裕を持って空港行って
ラウンジでゆっくりご飯食べてビール飲んで
気持ちよくインドへ飛ぼうと思っていた計画が、あっさり消え去りました。

ラウンジでは提供されていたらしい、スリランカビール「Lion」には
結局道中一度もたどり着くことができず(泣)

初のスリランカ航空、機内はこんなカンジ。

IMG_9775

スリランカ航空の機内食は思ったほど悪くもなく。

IMG_9782

フライドライスにベジカリー、ライスプディングのようなものと
水、コーヒーが提供されました。

割と評価低めのスリランカ航空ですが、
出発前にエアコンがトラブルで止まった以外は(笑)
短距離なら悪くないかな、と思います。

チェンナイ国際空港のATMは、「国内線ターミナル」へ

ようやく、インド到着です。
出国のトラブルもあり、緊張してイミグレへ。

無事、通過。
一安心です・・・。

出国し、まずはATMを探します。
国際線ターミナルにないっぽいことは聞いていましたが
やはり、国内線ターミナルまで行かないと無いようでした。

国際線と国内線ターミナルの間に1つだけあったのですが
中に入っている現金が不足していて、引き出しができませんでした。

結局、国内線ターミナルの、さらに端にあるATMを利用し
無事インドルピーをゲットしました。

IMG_9793

ATMはターミナルを出た外側に設置されています。

国際線ターミナルはまだまだ改装中の模様。
早く設置されるといいですね〜。

マーマッラプラムへローカルバスの旅

いくつかルートはあるようですが、とりあえず一番メジャーそうな
チェンナイ・モフジール・バスターミナル(通称CMBT)という
大きなバスターミナルからマーマッラプラムへ行ってみることにしました。

空港からCMBTまでのメトロが一部開通していると聞き
もしかしたらメトロですんなりたどり着けるんじゃないかと思ってましたが
誰に聞いても、「タクシーかバス」との回答。

ネットでは、CMBTまで250ルピーという情報を得ていましたが
実際に聞いてみると、どのタクシーも500ルピーと言ってきます。

タクシーは高いから、バスで行きなさい、という人。
バスはローカル向けで、乗るのが難しいからタクシーにしろ、という人。
もはや、そんなバスは無い、という人まで。

インド人らしく、3者3様(笑)

とにかく、教えてもらったバスに乗れるかトライしてみることに。

国際線と国内線ターミナルの間あたり、
駐車場を抜けた先の、空港の外周道路沿いがバス停です。

というか、実際はどこがバス停だったのか分からなかったのですが
行き先表示に「CMBT」と書いてあるバスが目の前に来たので
手を挙げて適当なところから乗り込んでみました。

バスに乗るまで聞き込みをした人数7人。
うち2人の話が正確でした。(笑)

番号70系統のバス、行き先に「CMBT」の表示、
バス停のおおまかな位置と、大まかな料金、ほぼ正解でした。

大きな荷物を持っていると、追加料金が加算されます。
9ルピー(1ルピー=約¥1.51 2016年7月現在)と
18ルピーの2枚のレシートが手渡されます。
計27ルピーでCMBTに到着しました。

バスの中で乗務員(お金徴収する人)とその他のインド人に絡まれつつ
無事にCMBTに到着しました。

IMG_9804

大きなバスターミナルです。
売店やATM、試す時間はありませんでしたがFree WiFiの表記もありました。

IMG_9805

ターミナルの係の人に行き先を告げると、乗り場を教えてくれます。
ちなみに、マーマッラプラム行きは2番のプラットフォームから。

IMG_9807
手前から5台だか6台目あたり、タイミングよく出発するバスに乗れました。

始発時点では、貸し切り状態。

IMG_9811
途中の街で少し混むも、ギュウギュウになることもなく
快適に進んで行きました。

こちらも、荷物とあわせてレシートが2枚。
10ルピーと40ルピー、あわせて50ルピー。

チェンナイの街を離れ、いくつかの街を通り越し

おそらく、帰宅ラッシュにかかってしまったようで
時々渋滞にハマりながら、所要約2.5時間でマハーバリプラムに到着です。

インド初日のお宿

この日の宿は、Rajalakshmi Guesthouse

IMG_9851

うっかり近くの似たような名前で地図登録をしていた私。
何か違う・・・と思って、近隣の人に聞いて回りました。

話しかけた女性のお子さんが、わざわざ自転車で宿まで案内してくれました。
今日はつくづく、人の優しさに触れてほんわりした日でした♪

宿の人もとっても親切!
そして出国ぶりの独り部屋です。

IMG_9821

専用シャワーとトイレが付いている感動ったら(笑)
これで1泊¥700くらい、幸せですね〜。

レストランが併設されています。

ビールは、待望のKingFisher

IMG_9826
スリランカに続き、ストロングな8%ビールです(笑)

スタッフがめちゃくちゃフレンドリーな宿です。

残念ながらオーダーしたCalamariが無いとのことでしたが
出てきたお魚は、なんと、たぶん鯛?

IMG_9837
贅沢にも丸々1匹調理してくれます!

ふわっふわの白身にマサラとカレーリーフが絡まっておいしかったです♪
IMG_9842

コリアンダー、カルダモン多めのサッパリマサラ
スリランカに引き続き、やっぱりフレッシュかレーリーフを育てたいなぁ
(もとい、誰か育ててくれないかなぁ 笑)
と思う今日この頃です。

ライスかフライドポテトかを選択するのですが
オーナーの配慮で半分こにしてもらいました。

ビール、進む進む。

待ちわびてた、スパイス料理&気兼ねなく飲めるビール!
幸せです♪

大好きな南インド料理、早くもこの地にのめり込みそうです♥︎

日本ブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
ad-responsive
ad-responsive
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします♪