【世界一周13日目:インド】マドゥライ〜最南端 カニャークマリへ!

インド滞在7日目。
この日はちょっと長距離移動。

インド最南端のカニャークマリという街へ向かいます。

最南端のこの地では、ベンガル湾、インド洋、アラビア海の3つの海が
交差するところへ行くことができます!

こちらものどかな田舎街。
カニャークマリで2連泊です!

バススタンドの客引きにはご注意を…

今回も定番バス移動。

ホテルでリクシャーを呼んでもらい、
マドゥライ市内から少し離れたMattuthavani Bus Standへ。

昨日タンジャーブールからのバスが到着したバス停です。

早速恒例のバス乗り場探し。

いつも通り、バスの乗務員に聞きながら乗り場を探す…。
予定が、横入りしてきたおっちゃん。

カニャークマリ行きはあっちだ!
オレはシティバスドライバーだ!
と車のキーを見せながら、ひたすらくっついてきます。

あんまりしつこいので、目が合ったチャイ屋のおっちゃんに助けを求め、振り切ります。

正規のバスドライバーや乗務員は、
基本的に薄いカーキ(ベージュ?)の上下の制服を着ています。
IMG_0272
こんな感じ。

ここマドゥライでは、ナゼかリクシャーの客引きも
同じようなカッコをしてたので
ちょっとわかりにくかったですが…

でも、さすがに、チェックシャツの前歯のないおっちゃんが
アヤシい人であることは一目瞭然でしたが(笑)

バススタンドには色んな人がいるんで、気をつけましょうね〜。

インド人クリスティーンとバスの旅

いきなり妙なおっちゃんには捕まったものの、
広い割に停車中のバスも少なく、
すんなりカニャークマリ行きのバスが見つかりました。

直通バスが少なく、乗り換えが必要かと思ってたのに
タイミングよくカニャークマリ行きに乗れました。
ラッキー♪

しかも、インドに来て初めて、バスにツーリストが乗っている!

みんなどうやって移動してるのかわかりませんが
公共バスでツーリストを見かけることが
ここまで全然なかったんですよね。

バスは空いている…のですが、
インド人のおばちゃんに隣に座れと手招きされます。

クリスティーンという、外国人に興味深々のおばちゃん。
IMG_0270
要望に応えていつものセルフィー

空いてる席がいっぱいある中
インド人らしく大きなオシリのクリスティーンと
2人席ギュウギュウで移動は続きます…

でも途中からハイウェイ、そこそこ早くて
道のデコボコもなく、バス自体は快適でした。

途中、Palayankottaiという街で休憩が入ります。

昨日のランチ、甘いものだらけで失敗したので
今日こそは、ちゃんとお昼ご飯ぽいものにありつきたい!

ということで、お店を散策。

ありました、パコラ(野菜のフライ)などが並んでいるお店!
きっとオカズ系なハズ!

IMG_0276

2つ、購入してみました。
IMG_0282

ポテト、ではなくオニオンサモサ。
マスタード風味でスパイシーでした!

もう1つは、ヴァーダという豆ドーナツ。
カレーリーフがいっぱい入った、香り豊かなフワフワヴァーダ。
食感的には、豆腐ドーナツに近い感じでしょうか。

2つで12ルピーでした。

それと、もう1つ、アヤシい色のジュース・・・。
IMG_0281

コレ、オレンジ色ですけど、バナナジュースなんです。
荒削りバナナがいっぱい入っていて、甘さ控えめでなんかめっちゃ美味しかった!

そしてなんと……冷えてる…!!
フルーツジュースはぬるいものだと思い込んでいたので、ウレシい想定外。
15ルピーでした。

ビニール袋に入れてもらわなかったので、
食べ終わったゴミをどこに置いておこうか、バッグをガサガサやっていたら
クリスティーンが何やらジェスチャーで訴えてきます。

英語ほとんど話せないようで、基本的にジェスチャーのやりとり。

どうやらゴミを渡せと言っているようです。
とりあえず、渡してみました。

すると・・・

走行中のバスの窓から、ポイッ!

あ〜・・・捨てちゃった・・・

ニッコリ微笑むクリスティーン。
だからインドの道路はゴミだらけなんだな、としみじみ。

続けて再びジェスチャー。

なんだ?今度は一体何が欲しいんだ!クリスティーン??

・・・どうやら、水が飲みたいらしい。
インドでは、水とか色々共有するのも当たり前のようなのですが。

とりあえず、半分ほど残っていた水のペットボトルを渡してみました。
すると、器用に口をつけずに少し離した状態で、水を・・・

ガブ飲み(笑)

勘弁してくれよ、まだ先は長いんだよ・・・。
せめて、休憩前に言ってくれれば、新しいのを買ったのに(泣)

カナシい想定外。

お昼のスナックで微妙なノドの乾きを覚えつつ
残り少なくなってしまったお水を到着まで少〜しずつ飲みながら移動しました・・・。

インド人になんでもかんでも渡すのは考えましょう(笑)

クリスティーン越しの車窓の景色が、
だんだん自然豊かな感じになってきました。
IMG_0287

結局到着予定地の1つ前のバス停まで、
クリスティーンとピッタリ寄り添った長旅は続いたのでした・・・。

本日のお宿

終着のバススタンドの1つ前、街中のホテル近くのバス停で下車しました。

今日の宿は、Hotel Chithraというところ。
IMG_0298

再びホテル、かつダブルルームの部屋。
IMG_0293
別に贅沢したい訳じゃないんですけどね・・・。
観光地、宿が高いんですよ・・・。

大体予約してるのが前日の夜とかなので
シングルの部屋も見つからず。

ということで、1泊1,100ルピーと
またしてもちょっとフンパツしてしまいました。

当初1泊予定だったんですが、この街の居心地の良さに
2連泊となりました。

Wifiはフロント周りでしかつながらないのですが
フロント前のイスで使う分にはサックサク。
立地も、大通りにも海沿いにも近くていいところでした。

いざ、最南端の海へ!!

いよいよ、インド最南端の海岸線へ。

観光地とあってか、分かりやすい案内表示が出ています。
P8030455

まずは、ガンジー記念館へ行ってみます。
P8030476
ここの海からガンジーの遺灰が流されたことを記念するものだそう。

入る際、靴預け料5ルピーがかかります。

おばちゃんにサンダルを放り投げられる。
のどかなところでいい人が多いけど、この辺は、やっぱりインド(笑)。

中へ入ると、ガンジーに関する記載や写真が掲載されています。
P8030483
P8030481

若かりし日のガンジー、初めて見ました。
P8030479

内部はそんなに広くはないけど、
記念塔の上からの景色はなかなか。

残念ながら、曇りではありましたが・・・
P8030504
P8030506

この写真のあたりが、3つの海洋が交差する地点です。
P8030502

続いて、お隣にあるクマリ・アンマン寺院へ行ってみました。
写真

荷物預け料が10ルピーかかります。
カメラの持ち込みは禁止。

ということで、写真は外壁のみです(笑)
P8030521

他の寺院ではヒンズー教徒以外立ち入り禁止になるようなエリアも
一通り入ることができました。
ちょっと貴重な体験だったかも。

入口の荷物預け所はオープンスペース。
カメラ、ちょっと心配だったんですが…

貴重なものだと思ってくれたのか、他の荷物が雑多に積まれてる中
係のおじちゃんがチャイを飲みながら
私のバッグだけをしっかり握っててくれてました(笑)

さて、寺院を抜けて、ついに最南端!

沐浴場となるガートと呼ばれる場所の奥が、3つの海の合流点です。
P8030537

向かって左側がベンガル湾、中央がインド洋、
右側がアラビア海!
P8030543

お初です、アラビア海♪

ここで、最南端で出会った女のコと、
恒例のセルフィータイム。
IMG_0382

セルフィー撮りたいって言ってきたのに
後ろ姿じゃないとイヤだという…

宗教上の理由かと思いきや、
インスタにガンガン写真アップしてたので
単に今日のカッコが気に入らないという女ゴコロのよう(笑)

インド美女と、インスタつながってみました♪

ついでに、それを見ていた通りすがりのヘアピン売りのおばちゃん。
P8030548

みんな写真大好きですね。

対岸の岩にある、ティルヴァッルヴァル像と記念堂が見えます。
P8030522

暗くなってからは、ライトアップもされていました。
キレイ♪
P8030564

明日、対岸へ渡ってみます!

スパイス屋さんがいっぱい!

最南端ポイントを満喫し、周辺をぶらぶら。

観光客向けなのか、ローカル向けなのか
街中にはお土産屋さんに混ざってたくさんのスパイス屋さんが。

マサラ用かな?セットになったスパイス。
P8030471
通りすがりのインド人がけっこう買って行ってました。

ココナッツシュガーの山
P8030467

シナモン、スターアニス、ポピーシード
ナツメ、クローブ、フェンネル、
ブラックペッパー、カルダモン、ベイリーフなどなど・・・。
P8030560
ベースはやっぱりブラックマスタードみたい。

ボトルに入ったものは、ヒーリングオイル用なんだそう。
P8030559
アーユルヴェーダの本拠地ですもんね。

小分けの袋はオール20ルピーだとか!

・・・欲しい!片っ端から買いあさりたい!!(笑)

適当に色々混ぜてマサラ作るだけだから簡単だよ!とお兄さん。
そんな単純なもんでもないと思うんですけどね・・・。

ココで買っても1年持って帰れないので、断念。
またいずれの日にか・・・。

サンライズ&サンセットの見れる街

ビュー・タワー方面に向かってみました。
P8030553
登ろうか悩みましたが、らせん状の通路の長さが
めんどくさくなり、見るだけに(笑)

天気よかったら、登ってたかな。

ベンチでまったりすることにしました。
チャイ売りのお兄さんが回ってきたので、購入てみます。
P8030550
甘さ控えめジンジャーチャイ 10ルピー
おいしかったな〜♪

最南端なので、サンライズ、サンセットどちらも見れる街です。

この場所から2キロほど離れたところが
夕陽が見えるポイントだったんですが

曇ってるし、や〜めた。

と思って振り返ると、後ろの空は真っ赤でした。
P8030557
もしかして、海キレイだったかな〜。

この先西インドを北上するとき、
どこかでアラビア海の夕陽に出会えることを願います!

この日はノンアル ミールスディナー

街中をブラブラ歩きながら、夕飯を食べるお店を探します。

お昼がバススタンドの軽食だったので
この日はbarへ行くのをやめて、ローカル食堂に行ってみることにしました。

メインの通り沿いにある、HOTEL TRIVENIというところ。
ベジレストランです。

IMG_0333

けっこう広めのお店、入ったときはガラガラだったんですが
途中から満席に。

IMG_0323
私の席も相席となりました。

入店したの、19時半くらいだったんですけどね。
みんな夕飯遅いんですね〜。

sp meals(120ルピー)と、
sweet lassi(60ルピー)をオーダーしました。

まずはラッシー。
IMG_0325

ザラメのザラザラ感がかなり残ってました(笑)

続きまして、メインのミールス。
IMG_0327
サンバル、ラッサム、ダル(豆)、ココナッツ、アルー(ポテト)
ベジトーレン、ヨーグルト、ジンジャーヨーグルトみたいなもの

これにパパドとライス、チャパティが付きます。

スイーツはタピオカココナッツ カシューナッツ入り
アチャール(ピクルス)はライムでした。

お代わりし放題ミールス。
いつも不意に継ぎ足されて大変なことになるので
今回はがんばって阻止(笑)

それでもすんごいボリュームなんですけどね。

お隣の家族は、ガシガシお代わりしてましたが。

お味の方は、全体的にぼちぼちかな。
コスパを考えると、満足ディナー。

この日はこのまま真っすぐホテルへ。
明日もカーニャクマリを満喫します!

日本ブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
ad-responsive
ad-responsive
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします♪