【世界一周21日目:インド】以外と遠い…ゴア・マドガオン駅〜アンジュナビーチへ

インド滞在15日目。

30分ほど遅れて、コーチンからの電車でゴア・マドガオン駅に到着。

ここからアンジュナビーチへ移動します。

以外と先の長い旅になりました。
駅に着いたのが13時過ぎ、ホテル着は20時頃でした・・・。

ほぼ、移動。

そしてゴアで飲みますよ〜!

電車のチケットが取れない!8月15日は独立記念日!!

1週間ほど前まで知らなかったんですけど
8月15日は、インド独立記念日、National Holidayなんですね。

ムンバイの友人に聞き、イヤな予感はしてたんですが…

次の移動先、ゴアからムンバイ行きのチケットを
マドガオン駅で購入しようと試みました。

ムンバイ行きの電車のチケットは、どれも既にWL2桁。

Sleeperクラスは100越えとかになっていて。
(要するに、100人以上キャン待ちしてるってことです)
オフシーズンだと思って先々のチケットを取ってなかったんですよね…
16日にムンバイで友人と会う予定のあった私。

なんとかならないかと思って、駅のツーリストカウンターで聞いてみました。

IMG_0930

なんだか知りませんが、デスクの人がえらくテンションの高い
いいおじさん、だったんですよね・・・。

私の話を聞き、車両のクラスはどこまでが許容範囲か、
日程は何日の何時からどこまでが大丈夫かを確認し
私の代わりにチケットカウンターへ交渉へ。

戻ってきたおじさん、
やっぱり14〜16日(祝日と前後の日)は無理だ、と。

ですよね〜…

と、ここでおじさん。

1,300ルピーかかってもよければ
確保してくれるかもしれない職員がいる、と。

ん…?お金で解決ですか…??

正規価格は1065ルピー
Cleartripで自力手配の価格が+100ルピーくらい。

トータル1,300ルピーなら、200円ちょっとの差額。

それでチケットが確保できるなら!と、お願いすることに。

待つことしばし

おっちゃん、チケットを握りしめて帰ってきました!

Tomoko!取れたよ!
インド人はやればなんでもできるんだ!!と(笑)

外国人枠をどこかから引っ張ったのか
代理店枠を利用したのか、どうしたのかは分かりませんが・・・

とりあえず無事3ACの確定チケットを入手したのでした!

ちなみに、ゴアでチケットを取るときは、
パスポートコピーが必要になりますのでご注意ください。
(私は、おじさんがコピーまで取りに行ってくれました…)

駅ランチ&ティータイム♪

さて、無事にムンバイ行きのチケットを確保したところで
引き続きおじさんにアンジュナまでの移動手段を確認します。

当初バスの移動を考えていたのですが
乗り継ぎがあって分かりにくそうで・・・。

距離にして60キロ、けっこうあるな〜と思っていたら、

16時にアンジュナから近い駅行きの電車が来るよ!と。

おじさんの家の最寄り駅、だそうで。

任せるけど、絶対電車の方がいいと思うよ!
とのことだったので、電車案に乗っかってみることに。

時間は14時。

まだまだ余裕があるので、ツーリストデスクでトランクを預かってもらい
駅の食堂でランチタイム。

割とキレイ目なレストランが併設ホームにありました。

IMG_0942

IMG_0937

”スペシャル”という響きに弱い私(笑)
Veg Jain Special Thali(120ルピー)を頼んでみることに。

きましたベジターリー!

IMG_0941

ダルフライ(豆カレー)、パラクパニール(インドチーズのカレー)
ライタ、ジーラ(クミン)ライス、アチャール、チャパティ、サラダ

豪華じゃないですか!

昨日の夜もパニールだったことはさておき(笑)

チャパティも焼きたてだし、ライスのスパイス&塩加減もバッチリ。
カレーもどれも美味しい♪

この手の食堂のターリーは、以外と外さない気がする!

ライスも、いつものようなどんぶり飯できな量じゃなく

ちゃんと食べきれる量でした。

ツーリストデスクに戻ると、おじさんが

お茶を入れてあげるよ。僕はティーマスターなんだ!と。

おもむろにお湯を沸かしだし・・・

IMG_0949
ポットにどーんとダイレクトに大さじ3杯の砂糖(笑)

どうりで、インドの紅茶は甘いわけだ・・・

で、ちゃっかりクッキーまでごちそうになりました。

IMG_0950

チャイではなくブラックティー。

甘かったけど、おいしかったですよ(笑)

直前までホーム未定のローカル電車!

同じくデスクに来ていた、アンジュナ行きの

スペイン人カップルも一緒に電車で移動。

IMG_0944

15分前になったら、どのプラットホームかアナウンスがある、とおじさん。

ホームまで着いてきてくれた

だけかと思ったら

あ、一緒に乗って帰るんですね(まだ16時なのに?)

時々アナウンスがないこともある、と言っていたけど
どうやらなかったようで・・・

来た電車から順に、適当に空いてるホームに入ってくるそうで・・・

電車が見えてくるまで分からない、と。

そんな適当!?

ホームは3番まで、構えているホームと違ったら
荷物を持って陸橋を渡らないといけません。

するとおじさん、

陸橋の上で待って、電車が見えたら入ってきたホームに降りるんだ!

と・・・

確かに、みんな陸橋の上で待ってる・・・。

電車はやっぱり遅延。
30分陸橋の上で待ち、電車が見えてからホームへと駆け下りたのでした・・・。

こんなの、地元民じゃないと乗れない!

ちなみに、マドガオンの駅はエスカレーターとスロープ付きでした。

助かった!

電車に乗ってからも、

あっちの景色がキレイだから!

次はこっち!カメラ準備して!!

とおじさん。(←そろそろ対応に疲れてきた。)

撮らないわけにいかないので(笑)

車窓からの景色です。

大きな橋を渡り

P8110578

湿地帯を越え

P8110583

遠くにオールドゴアの教会を見ながら

P8110594

電車は進んで行きます。

ローカル電車とおっちゃん。

P8110586

スペイン人カップルは、面倒くさくなったようで後ろのボックスへ(笑)

1時間程で、Tivimという駅に到着。

ちなみに、おじさんの定期で一緒に乗れるからと
電車代の支払いもしてないんですよね・・・。

駅に着くと、さっそうと停めてあったバイクで去るおじさん。

ちょっと変な人だったけど、いい人だったな(笑)
お世話になりました!

まだまだ遠い!ホテルへの道のり

最寄りとは言っても、Tivimの駅からアンジュナまでは

まだ10km近く。

バスを乗り継いで行かないといけません。

ココもスペイン人カップルと一緒に行動。

男性がいると、ローカル電車は心強いですね〜。

まずは中間地点のマプサというところまで向かいます。

駅を出て、5分ほど坂を下った突き当たりところがバス停。
…というか、バスが停まる場所。(特に目印がないので)

いつもの市バスと違い、ちっちゃいバスです。

IMG_0954

30分くらい…だったかな?
マプサのバススタンドに到着、20ルピーでした。

IMG_0961

ここでアンジュナ行きのバスに乗り換えます。
バスより電車の方が早いとは言われたけど
待ち時間入れたらあんま変わんなかったかなぁ…

スーツケースではツライ!ゴアの道

アンジュナのバス停で下車し、スペイン人カップルとも分かれて
一路宿を目指します。
地図的には1.5キロほどの距離。
イケるだろうとタカをくくったのが間違いでした…

ルートのチョイスミスもありますが
ビーチ方面に向かうと、どんどん道が未舗装に…

未舗装なだけならまだしも、海からの風でふきこんだ砂で
スーツケースがさっぱり転がらない(泣)
もう夜、たまに街灯はあるものの、
道はどんどん真っ暗に…


1/3くらい進んだところで、断念してリクシャーを拾おうとするも…

ぜんっぜん通らない!

ど〜しよ〜…と思いながら先へ進むと…

またしても、救いの手!!

真っ暗な中、ペンライト片手に歩いていた私を
近くの民家の人が助けてくれました(涙)


歩いて行くの?遠いからバイク乗せてってあげる!
と、お父さんとお母さん、ムスコに送るよう指示。
ちょっとイヤがるムスコ。
半ば無理やりムスコを説得するお父さん。


結局スーツケースを抱えて、バイクの後ろに乗せてもらいました。

お金いらないから!って・・・

なんていい家族なんだ(涙)

走ってみて思う、想定外の距離。
いや、ホント、海沿いで力尽きるかと思いました…。


宿が遠い人は、迷わずリクシャーに乗ることをオススメします…
ごめんね少年!ありがとう!!

またしても、インドの人の優しさに乗っかってしまいました…

なんて、いい人ばっかなんだ、インド!!

本日のお宿

宿に着いたのはもう20時頃でした・・・。

たどり着いた宿は、アンジュナビーチの南端にある
The Funky Monkey Hostel というところ。
女性用ドミの部屋が、ラッキーなことに今日と明日は1人だけ!

IMG_0963
なんてファンキーな名前の宿なんだ。
と、思っていたら、オーナーがイケメン欧米人でした。

なるほど、納得。
ホットシャワーとキレイなトイレ!(共用)

IMG_0966
これで、1泊たった300ルピー。
日本円にして、450円くらい。

ゴアの宿、安い!!

パリピがいっぱい?ゴアビーチ

力尽きてそのまま……

寝ませんよ!
だってココはインドの中で珍しくお酒にオープンなゴア州!!

そりゃ、飲みに行きますよ(笑)
なんでビーチの端の宿を取ったか。
もちろん、安いから。
そして、ビーチ沿いのバーが近いから!!
徒歩5分もかからないところに、
ビーチへの階段&ビーチ沿いのレストランがあります。
1番近い、Curliesというレストランへ。

なんか、久々にトランス調の音楽の流れる店内へ。
IMG_0975
だ〜れも重くるしいサリーを着てません。

インド人が、みんなキャミ&ショーパン!

ルミカ的アイテムを身につけた人達がいっぱい…

まるで、別の国のよう。

ビーチ沿い、WiFi、クレカOK(手数料5%取られます)です。

とりあえず、キングフィッシャー(120ルピー)から!
IMG_0973

そしてやっぱりおつまみは、ゴアフード!
Goan Roast Rumb(350ルピー)をチョイス。

IMG_0992

インド×ポルトガルの為せる技!

スパイスと、ビネガー&オリーブwithマッシュポテト

カレーリーフの入ってコショウの効いた
スパイシーグレービーソースです♪
柔らかスパイシー!幸せだ〜!!

せっかくなので、合わせるのもゴアの蒸留酒Fenny

カシューナッツFenny(80ルピー) をチョイス!
IMG_0997

ライムサワーLimca(50ルピー)で割っていただきます。

これがまた、美味しい♪
ナッツの香りがたまらない!
これで本日はおしまい。

移動&お酒dayでした。

明日も引き続き、ゴアで呑んだくれday!

日本ブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
ad-responsive
ad-responsive
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします♪