【世界一周149日目:スロバキア】ブラチスラヴァ城に登ってみた!

ブラチスラヴァ滞在2日目のブログです。

スロバキアの首都であるにも関わらず

見どころがないとか言われることも多いブラチスラヴァ

そもそも、国自体が

スロバキア単体より、チェコスロバキアの連邦名の方が

印象が強い人も多いかもしれませんね。

産業国であったチェコと、農業国であったスロバキア

様々理由はありますが、経済格差を主な理由として

双方の思惑が一致しての、「ビロード離婚」と呼ばれる平和的分離がなされた国々。

国の政策の違いとはいえど、連邦時代

産業化しなかった更新地域側であるスロバキア

やっぱりちょっと華やかさには欠けますが・・・(笑)

それでも、旧市街やお城など、見どころがないわけではないので。

今回は、そのメインドコロでもある

ブラチスラヴァ城の観光を中心にご紹介します!

(€1=¥123 2016年12月時点)

   €=ユーロ

ブラチスラヴァ城&博物館

ということで、早速行ってきました、

ブラチスラヴァの中心ドコロ、ブラチスラヴァ城。

旧市街側から坂を上り、門をくぐり

さらに先に進んだ、像が乗せられた門を入って

到着しました、ブラチスラヴァ城です!

四方に建つ塔が作り出す形から「ひっくり返したテーブル」と呼ばれているそうです。

10世紀頃から存在する歴史ある建物で、

18世紀にはマリア・テレジアの居城ともなっていたお城。

19世紀に火災で消失し、現在の城は第二次大戦後に再建されたものだそう。

元々茶色がかっていた外観は、10年程前の改修工事で真っ白に。

真新しい、真っ白でかなりシンプルなお城です。

城門をくぐると、クリスマスの展示がありました。

その横に、ナゼか動物。

クリスマスイベントの一環でしょうかね??

X’masまでもう1週間を切っていたというのに

なんでか未使用のモミの木がたくさん隅っこに置かれていました(笑)

中は国立歴史博物館となっていて、入ることができます。

入場料は7€でした。

ということで、ここから先は有料ゾーンです。

入口を入ると、まずはクリスマスツリーがお出迎え。

先に、上ではなく地下の展示を見に行きました。

地下には、昔のスロバキアの住居や採掘物などの展示に

採掘した状態そのままのお墓と、一緒に出て来た副葬品の展示などもありました。

さらに先へ進むと、お城の地下部分が見れるようになっています。

ガラスを隔ててではありますが、昔からの基礎部分を見ることができます。

外側が改装されてピカピカなので、この辺りを見るとやっと歴史を感じられますね。

再び1階へ戻り、上階へ。

ピカピカの真っ白の壁に金の装飾、そしてレッドカーペット!

こんな長いレッドカーペットを歩いたのは、人生初(笑)

上がったところに、小さなコンサートホールがありました。

ここは元々チャペルだったところだそうです。

このオルガンも、70年代に新しく設置されたもの。

こちらは、このホールの壁にあった絵。

The Assumption of Virgin Maryと紹介されていたこちらの絵。

壊されてしまった教会からここに移されたものだそうです。

色あせてしまっていた絵を修復した過程も紹介されていました。

さらに進んだ先に、Entrance of the Crown Towerと書かれた看板と

細い螺旋階段を発見したので、降りてみました。

降りた先には、ケースで保護された王冠がポツンと展示されていました。

このCrown Towerは、ブラチスラヴァ城の中で

現存している最も古い建造部分で、17世紀〜王冠を保管する役割を持っていたことから

その名前が付けられているのだそうです。

で、こちらの王冠はというと

当時のハンガリー王が戴冠していた聖冠の「レプリカ」だそう。

本物は、ハンガリーの内閣府で保管されているとのことで。

そりゃ、本物ではないですよね・・・。

昔、こんな風にここで保管されていた時期がある、ということのようです。

Crown Towerは上に登ることもできて、最上階は展望室のようになっています。

外には出られず、小窓からではありますが、ブラチスラヴァが一望できます。

横に流れているのはドナウ川です。

他のフロアは、巨大な展示スペースがどこまでも続いています。

何点くらい展示してあるんでしょうか?この先もずっとずっと展示ルーム。

全部見始めると、がっつり時間がかかります。

巨大なタペストリーや(”おそらく”ドイツ製との表記)

戦いの図は、必ずありますよね。

後は、皇族の人たちの肖像画など

などなど、などなど・・・

博物館好き、美術好きの人は、かなり時間かかるかもしれません。

私は・・・さらっと一周させていただきました(笑)

で、お城の中は大体こんな感じなんですが。

お城の裏にも広い庭園がありました。

すっきりと整備された、バロック式の広い庭園。

冬の庭園に、色味がないのはいつも通り。

噴水がちゃんと出てて、花がちゃんと咲いてればもっとキレイな庭園でしょうね。

ということで、庭園もさらっと見学して、ブラチスラヴァ城終了です。

プチクリスマスマーケット

ブラチスラヴァのクリスマスマーケットは

旧市街の会場がメインだったんですが。

ブラチスラヴァ城を出たところでも

小さなマーケットが開催されていたのでご紹介。

白いテントがいくつも並んでいました。

結構たくさんテントはあったんですが、

お店のジャンルは結構似たり寄ったりで…。

やっぱり、この国も、お肉

これ、バーガー屋さんなんですけどね。

やっぱりお肉の量もバンズもメガ級だなと・・・。

これも、バーガー屋さん。

お店の男性の手元、バンズのサイズ感伝わります?

あれに巨大なお肉がどかっと挟まるんですね。

おいしそうではありますが、完食できる気はまるでしないですね(笑)

後で、ここのバーガーを食べたという

同じ宿の旅人に聞いたら、お肉柔らかで美味しかったそうです。

ちなみに、ガタイのデカイスロベニア人でした。

日本人だと、フードファイトになります。

そしてこちらはスイーツの屋台。

スロバキアでは、パラチンキ(Palacinky)と呼ばれるクレープをよく見かけます。

甘い系、しょっぱい系どちらもあるようなんですが。

こちらのお店でも、チョコレートからチーズやポピーシードまで色々売っていました。

で、スイーツにあまり興味のない私は、といえば

いつも通りお酒コーナーへ(笑)

定番ホットワインも売ってはいたんですが。

スロバキア特産の、ちょっと変わり種を買ってみることに。

この色、なんのお酒だか分かります?

正解は、ハチミツです。

通称ハニーワインとも言われるこのお酒。

メドヴィナ(medovina)というお酒で、

ハチミツを水で薄め、発酵させたものなのだそうです。

もちろんちょっと甘いですが、思ったよりサラッとしていて

寒い冬に、ホットで飲むとあったまってとてもよかったです♪

1杯3€と、ちょっと観光地価格ではありましたが(笑)

こちらのお店でも、同じくホットワインとメドヴィナを売ってました。

こちらのお店にも、クレープみたいなのが売っていたんですが

こちらはロクシャ(Lokša)というジャガイモと小麦生地のクレープ。

レバーなどを巻いた、ゴハン系です。

一番左のものは、パンの上にスライスオニオン(ピクルス?)を乗せただけのもの。

シンプルかつ斬新(笑)

後は、大体同じような感じのお店が並んでました。

メインのクリスマスマーケットは、また次のブログで。

ここでは食べずに、ランチはレストランへ移動しました!

Cozyレストランでガッツリ伝統料理!

お城を出て、周辺をブラブラ。

冬の寒い季節、オフシーズンだからか人が少なく・・・。

お店も、開いてるような、開いてないような。

夜だけのバーみたいなのもたくさんあって。

どうしようかと思っていたところで

路上にメニュー看板を出しているお店を発見!

そのまま入ってみることにしました。

こちら、Modrá Hviezdaというレストラン。

最初に案内された席は、なんだか通路みたいな席。

他にも席は空いてたんですけどね・・・

お一人様なので、2人掛け席を案内したんでしょうけどね・・・。

とりあえず、そのままビールをオーダー。

前日と同じ、Zlatý Bažantというビール(2.9€)

注文してみたものの、この席、隣に大きな鳥のケージがあって

隣で時々、デカいオウムみたいなのがバサバサやるんですよ。

別に動物が嫌いとか、店で飼うなとかというハナシではなく。

個人的に、食べたり飲んだりしてる横で羽バサバサイヤなんです。

満席ならまだしも、他に席あるのに。

なんでしょうね、アジアのマーケットとかで

食堂の並びで鶏売ってたりするのは気にならないんですけど(笑)

ただ、後ろに、いい雰囲気の空間がちゃんとあったんですよ。

空いてたし。

移っていいか聞いたら、あっさりいいよって言われました。

で、移った席がコチラ。

いや、もう、全然雰囲気いいじゃないですか!

通路で鳥バサバサからの、別の店みたいな空間。

2人席あるし。

最初っから空いてるなら通してほしかった。

で、雰囲気いい席で飲み直し。

グラスワインの、久々に赤オーダーです。(4.8€)

がっつりお肉頼んでいたので。

今回のオーダーは、こちら。

ウサギの赤ワイン&マッシュルームソースとポテトダンプリング(13.9€)

やっぱコレ頼んだら赤ワインでしょ(笑)

日本では食べたことあったけど、この旅初のウサギ肉。

臭みなく、柔らかで美味しかったです。

ポテトのダンプリングもモチモチして美味!

観光地ど真ん中なのでちょっとお値段高めですが

手の届く範囲、美味しいゴハンがいただけました♪

こちらのお店に行く機会があれば、ゼヒ奥のステキ空間でどうぞ!

ブラチスラヴァ城外ぶらり

お店を出て、そのまま城壁の回りを散歩してみました。

お城の周辺も遊歩道があって、ぐるっと周れるようになっていました。

門は閉まってましたが、その横に側道があります。

要塞壁になっているところを歩いて行きます。

横にはドナウ川と、ブラチスラヴァの街並が見おろせます。

真っ白に修復したお城本体より、もしかしたら風情あっていいかも(笑)

周回して、お城に戻った頃にはライトアップが始まっていました。

暗闇に浮かび上がって行くお城を見ながら、一旦宿へ戻りました。

(オマケ)ブラチスラヴァのマック

基本的に、ファストフードには旅中行きません。

やむを得ず、それしかない場合と

誰かに連れて行かれる場合をのぞいて。

今回は、後者のパターン。

宿に戻ったら、同じく宿にいたスロベニア人3人組に

「ポーカーやろうよ」と誘われまして。

乗っかってみたわけです。

始めてやりました、カジノっぽくチップ賭けるポーカー。

スロベニアでは主流だそうで。

これが

バカほど時間がかかるんです。

さっくり終わることもあるみたいなんですが。

4人で始めたゲームは、2人が敗退して、私ともう1人の一騎打ちに。

結局、たかだか1ゲーム終わるのにかかった所用時間は

2時間半。

スロベニア人が大量に買い込んだビールを頂戴しつつ。

勝ちましたよ。勝ちましたけどね!!

でも、終わったらもう深夜だったんです(泣)

ということで、まともなディナーは諦め。

スロベニア人と、もう1人ロシア人旅人と一緒に飲みに。

飲みに行く前に、なんか食べようということで。

ロシア人の希望で・・・マック

この旅2度目のマックは、スロバキアでした。

前回のマックはジョージアにて。

メニューもサイズも日本と変わらずだったんですが。

ここスロバキアのマックは、メニューもサイズも日本と違いました。

メニュー自体は、違うといってもお肉系の、予想範疇のもの。

大きく日本と違うのは、サイズ。

どこまでうまく伝わるか分かりませんが。

全部大きいので、サイズ感が少しマヒしますが。

バーガー、巨大なんですよ、コレ。

後ろのポテトとジュースが、日本でいうLL級なだけで。

両手わしづかみサイズのバーガーでした。

セットで5.9€

飲みに行く前に軽く、の量ではなかった・・・。

この後、ロックバーみたいなところに連れてってもらうも

イマイチカラーが合わず、ロシア人と一緒に先に帰宿。

ジャンクでシメたブラチスラヴァ2日目でした。

で、ポーカーとマックのおかげで

旧市街へと足を運ばずに終わってしまったので

次回ブログは旧市街&クリスマスマーケットです!

日本ブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
ad-responsive
ad-responsive
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします♪