【世界一周2日目:スリランカ】世界遺産シーギリヤロック & キャンディ

2日目を迎えました、スリランカ。


今日はシーギリヤロックに登った後、

キャンディ目指して移動します!

(¥1=1.39Rs 2016年7月現在)

出発前の、宿ごはん

宿泊していた宿、Lotus Inn Tourist Resortで朝食をオーダーし、
シーギリヤ目指してスタミナ補給。

2種類ある朝食のうち、Special Breakfast をオーダー。
お値段2人分でRs560でした。

紅茶、バナナ、スイカと、スリランカ料理のエッグホッパー
ココナッツミルクと米粉を混ぜた生地をボール型に薄く焼いて
真ん中に卵を落としてあります。

IMG_8887

小さいとはいえ、バナナの量がスゴイので、オナカいっぱいです。

朝食を食べ終え、チェックアウト。
朝食やビールを抜いて、宿代1泊1室Rs1,060。
1人あたり400円を切る安さ!
ビンボーパッカーにはありがたい限り!

宿を出て、いざシーギリヤロックへ!

突風&高所に注意!?絶景シーギリヤロック!

宿からトゥクトゥクでバスターミナルへ向かい、
シーギリヤ行きのバスに乗り込みます。

IMG_8890

所要時間約40分、片道1人Rs32.5でした。
ぼちぼち、スリランカの荒い運転にも慣れてきました。

バス停を降りて、蓮池の周りをぐるっと歩いた先に
チケット売り場があります。

観光地の入場料は高いと聞いていましたが、
大人1人Rs4,260!!
なかなかのお値段ですが、世界遺産、やむなし。

チケットに博物館の入場券が付いているので、登る前に見に行ってみました。

IMG_8911

シーギリヤの歴史や、発掘された埋蔵物などが展示されています。


ちなみにこちらの博物館、日本が援助して建設されたものだそう。

IMG_8913
しっかりアピール(笑)

出口に、スリランカの昔の生活スタイルのレプリカがありました。
おじさんに、中に入っていいと言われ、ちょっとのぞいてみることに。

すると、置いてある色んな小道具を持ち出し始め
なすがまま、スリランカスタイルが出来上がりました・・・。

IMG_8923

撮影場所とポージングを指示され、写真を取られまくることしばし。
ただの田舎のおばちゃんですね(笑)

そして当然、最終的にチップを要求されます・・・。
博物館の中なのに。

スリランカはチップ文化、いたしかたないですね。

ということで、Rs20を渡して外へ。
たぶん全然納得してなかった風でしたが。
ごめんね、おっちゃん。

想定外に時間を食ってしまいましたが、
博物館を出てようやくシーギリヤロックへ向かいます。

遠くに見えるシーギリヤロック。

IMG_8931

アレを登るのかと思うと、ちょっと気が引けつつも先へ進みます。

結婚式をあげている新婚さんに出会いました。

IMG_8934

こんなところで撮影なんて、ステキですね〜!

登り始めると、ひたすら階段が続きます。

この日の気候は曇り。
頂上からの景色は晴れの方がいいかもしれませんが、
体力的には涼しくてちょうどいい日でした。

結構人が多いので、ゆるゆる進みます。
思ってたより、キツくない感じです。

問題は体力ではなく

高所恐怖症(泣)

個人的に恐怖ポイントの多すぎる世界遺産。
ちょっと下が透けて見える通路とか

P7230513

螺旋階段とか

P7230517

最後の階段なんか、手すりちょっと斜めだったりするし!(泣)
P7230533
岩壁にへばりついて恐る恐る撮影してみました・・・

それでもなんとか突風が吹く中登りきりました・・・。

ちょっと曇りなのは残念だけど、絶景!がんばってよかった!
結構登ってきましたね〜。

P7230545


景色はほとんど森だらけ。大自然です。

P7230544


頂上の遺跡

P7230559


撮影を試みましたが、度級の強風(笑)

IMG_8942

スリランカの大地を見渡し、すっかり満喫。
疲れも吹っ飛びます。

この後、上りよりも恐怖の下り階段を
へっぴり腰で下りたことは言うまでもありません・・・。

ローカルレストランでKottuランチ

シーギリヤロックを下り、再びバスでダンブッラへ戻ります。

宿を取っていた旧市街ではなく、お店の多い新市街でランチタイム
ローカル食堂に適当に入ってみました。

入ったのは、Ninuというレストラン。

IMG_8972

お店の中は、ローカルのお客さんでいっぱいでした。

オーダーしたのは、
Ninu Sp. Kottu(Rs500)と、Devilled Chickin(Rs450)。

Kottuは、ロティというココナッツが入ったスリランカのパン生地を
細かく刻んで炒めたもの。
スリランカの一般的な料理です。

Devilled〜もスリランカのローカルフード
チリやコショウなどのスパイスを使ったちょい辛な炒め物。
チキンやビーフ、魚など、色々な種類のものが多くの食堂で提供されています。

こちらがKottu

IMG_8965
カレーをかけていただきます。
もちっとしたKottuにスパイシーカレーがマッチしていい感じです♪

Devilled Chickinは、スパイシーだけど細かい骨多めです。

IMG_8967
スプーンではなく、現地の人みたく手で食べた方が食べやすいんでしょうね。

残念ながらビールがないので、Fresh Juice (Rs150)をオーダー。

IMG_8963

Mixとパイナップル。
おいしいけど、冷えてて欲しかったな、なんて。

おいしいランチに満足して、お店を後にします。

出てから気づきましたが、隣にもう一件レストランが。
業者の人がビールを運び込んでいました・・・。

しまった・・・、そっちだったか・・・(笑)

KANDYへ

目的の石窟寺院とシーギリヤを満喫したところで、
キャンディへ移動します。

再びローカルバスの旅。
バスターミナルからキャンディ行きのバスに乗り込みます。
Rs97で移動。

到着後すぐにキャンディダンスを見に移動します。
バス停から200mくらいのところにある、Y.M.B.Aへ向かいました。

IMG_9034

シーギリヤでゆっくりしすぎたので、17時半〜のダンスに間に合わず・・・
17:40頃に到着しました。

約1時間のショー、Rs1,000です。

実はKANDYダンスがどんなものか、事前にさっぱり調べてなかった私。
ゆったりした民族舞踊かなにかと勝手に思い込んでました・・・。

実際は、アクロバティックでした。

ぐるんぐるん回ります。
IMG_8984

まだまだ回ります。
IMG_8995

曲芸みたいなものまで。
IMG_9001

最後にファイアーダンスも。
IMG_9027

とっても迫力があって、見応え満載でした♪

この日のお宿

この日は、Kandy City Elephant Hostelという宿にお世話になりました。

中心部から少し離れているので、トゥクトゥクで移動します

Y.M.B.A前のトゥクで値段を聞くと、なんとRs700!!
ダンブッラで乗ったときの3〜4倍です。
やっぱり都会は違いますね・・・。

別のトゥクと交渉し、とりあえず当初の半額Rs350で乗りました。

宿は、高級住宅とホテルがある静かなエリア。
少し遠くてわかりにくく、不便ではあるけれど、
クラクションの音もなく落ち着きます。

IMG_9161 copy

着くとすぐに紅茶を出してくれました。
とても優しそうなご年配のお父さんとお母さんがオーナーです。

朝食込、共用ですがホットシャワー付き、バスタオル付き!
オランダ人パッカーさんたちでいっぱいでした。

お酒を飲めるお店が見つからない・・・

すっかり日も暮れ、ライトアップされたKANDYの街中を歩きます。
時刻はすでに20時近く。

IMG_9035

今日も移動疲れでノドも乾いているので、
とりあえずビールが飲めそうなお店を探します。

ローカルな屋台や、やや観光客向けレストラン、高級レストランなど
色々食べるところはありますが、お酒を提供しているお店が
全然見つかりません。

敬虔な仏教徒が大半を占めるスリランカ、
禁酒ではありませんが、お酒を飲むことはあまり良くないとされています。

町によって提供度合いは異なりますが、大抵は
観光客向けのお店以外は、ぽつぽつリカーショップがあったり
まれにローカル向けのBarがあったりするくらいです。

とはいえ、リカーショップには夜になるとローカルの人が
長蛇の列を作ってたりするんですけどね。
結局、みんな好きみたいです。(笑)

とりあえず一杯ビールをと、高いのを承知で
外国人向けのPUBへ。

その名も「THE PUB」
カールスバーグが大瓶1本Rs645でした。
日本と同じくらいですね・・・。

IMG_9043

後から聞いたのですが、地ビールのLionが
会社がトラブル中で出荷が1週間ほど止まっていたそうで…。
結局、スリランカの旅の友はカールスバーグになりました(泣)

1本だけビールを飲んだ後、早々にお店を後にするも
夜の早いKANDY、どんどんお店が閉まってしまいました・・・。

なんとかローカルフードをと、たどり着いたのが
Cafe AROMA Inn

ホテル併設のレストランです。

ホテルなので当然お値段がぼちぼち、かつ観光客向けで
パスタメニューとかがあったりします。

とりあえずスリランカフードが食べたかったので
ビリヤ二(スパイスを使ったピラフ)をチョイス。
チキンとビーフの2種類をオーダーしました。

チキンビリヤ二と
IMG_9052

ビーフビリヤ二
IMG_9049

ヒンズー、イスラムの多いインドではあまり見かけない
牛肉のビリヤニです。

豆のおせんべいパパダム(パパド)と揚げたゆで卵、
タマネギとトマトのサラダが付いてきます。

それにしてもすごいボリューム!
2人で1つで十分な量でした。

メニューを撮りそびれてしまいましたがざっくりRs450くらいだったかと。

実は地元価格(ビール1本Rs350)で飲めるらしいお店も、
こちらのお店から2本裏手くらいで発見したのですが
明日はコロンボへ移動、ということで、この日はココで終了です。

日本ブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
ad-responsive
ad-responsive
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします♪