【世界一周54日目:UAE】陸の孤島 ドバイ国際空港ターミナル2

ドバイ出国日、中央アジア、キルギスのビシュケクへ移動した日のブログです。

ビシュケクへの移動は、ドバイ国際空港から

フライドバイを利用しました。

今回は、ドバイ国際空港の利用方法と

ラウンジのゴハン、フライドバイについて書きたいと思います。

(1AED=¥27.9  2016年9月時点 です。)

メトロで移動はできるのか!?LCCターミナル

今回の移動は、再びフライドバイ。

ドバイ入国の時は、アルマクタン国際空港の利用だったので

初のドバイ国際空港の利用です。

LCCの発着は、ターミナル2。

バカでっかいドバイ国際空港の

もはや敷地外かと思われる場所にあるターミナルの利用。

エミレーツ航空の利用を主に作られているような空港において

LCCという存在は、ことさらに考慮されておらず・・・

どこを探しても、ターミナル2への移動方法が出てきませんでした。

メトロの駅は、ターミナル1と3のみ。

結論から言うと

ターミナル2を利用する人は
メトロのエアポート駅を目指さない方がよい。

というお話です。

LCCを利用したい、節約型ツーリスト泣かせのドバイ国際空港。

ネットで見る限り、ターミナル1か3から

タクシーという情報しか出てきませんでした。

が、宿で聞くと、ターミナル1・3からシャトルバスが出ていると。

ということで、メトロでターミナル1に行ったのですが

2016年9月時点では

第2ターミナルへのシャトルは1・3どちらからも出ていませんでした。

格安チケット取ったのに、空港内タクシー移動で想定外の支払いが発生するという・・・。

何とも迷惑な話。

私の場合

宿でシャトルバスが出ているという情報をゲット

メトロをターミナル1で降り、改札のメトロ職員に行き方を確認

改札職員からターミナル2へのシャトルバスまでの道のりの説明を受ける。

言われたところに行くと、ターミナル3行きのシャトルしかない。

空港インフォで、タクシーに乗れと言われる。

別の空港職員から、ターミナル3からシャトルが出ていると言われる。

シャトルでターミナル3まで行ってみるも、やっぱりタクシーに乗れと言われる。

という、意味不明にシャトルあるんじゃないかという

誤情報が方々から舞い込み、結果空港を一周して終わるという・・・。

無いなら、無いっていう情報をちゃんと共有してほしいもんです・・・。

ちなみに、空港第1・3いずれのターミナルからタクシーに乗っても

ぐるっと巨大なドバイ国際空港を周遊しての移動になります。

しかも、その辺のメータータクシーよりお高いハイヤーみたいなのしか停まっておらず

空港内移動の為に、AED57(約1,600円)の支払いが必要になりました。

そんなふざけたことが

あるんです。お気をつけ下さい。

いずれにしてもシャトルは無いのですが

打開策としては

・メトロAb Hailか、Al Qiyadhaから流しのメータータクシーを拾う。

地図で見る限り、ここからの方が空港メトロで降りて周囲を一周するより

はるかに近い距離で第2ターミナル入口にたどり着けます。

そして、無意味な高級タクシーではなく、普通のメータータクシーが拾える。

ドバイの流しタクシーは、料金安いし、基本ぼったくりませんからね。

・バスを利用する

第2ターミナル前には、市バスが入ってきていました。

確認できただけですが、C26、31、43、13Bとかのバスが運行しているようでした。

後から別の方に聞きましたが、メトロ側ではなく

空港を挟んだ反対側からどうやら運行しているバスのようです。

正確な乗車位置やルートは分かりませんが

利用することができれば、きっと最安値で到達できるものと思われます。

ちなみに、空港メトロで降りてタクシー移動をする場合は

おそらく第1ターミナルからの移動の方が距離的に安く済むかと思います。

というか

メータータクシーが安いので、空港タクシーに1,600円も払うなら

メトロなんか利用せずに宿からタクシー乗っても、近い金額でたどり着けると思います。

空港メトロで降りて、お金持ってなかったらどうしたらいいんでしょうかね?

いずれにしても、とっととシャトルバスの1つも走らせてもらいたいもんです・・・。

買えるけど、返却できないnol card

空港タクシーへの怒りの矛先を向ける場所もなく、とりあえず中へ。

入口を入ってすぐ、両替所の表示に
nol card(スイカみたいなカード)sellという表記がありました。

img_2343

少しチャージが残って、デポジットも入っていたので

ここで返金できるか聞いてみたところ……

はい、できませんでした(泣)

カードないと、バスもメトロも乗れない。

1回毎のチケットが購入できる訳でもない。

でも、チャージしたカードを返すところがない。

私のようにターミナル1とか3からタクシーに乗ったり
ターミナル2までバスで来てしまったら

もう返金のチャンスはありません。

どこかのメトロで返却するか
バスで来るときはギリギリでチャージ
(損しなければ1日券を買うか)するしかないようです。

メトロの駅で一瞬迷ったんですが。

シャトルがなければ、もう一回別の交通機関に乗るかもしれないと思って

返却しなかったことがアダとなりました・・・。

ということで、いずれの日にか

また使うことがあるかないか

手元にチャージされたnol cardが残ってしまったのでした(泣)

ターミナル2の両替&ラウンジ

ここまで来るのは大変でしたが
本体のターミナルと比べ、小さなLCCターミナル。

この先の移動は楽ちんです。

預入荷物もさほど時間はかからず
イミグレも瞬殺で通過。

中へ入ると、小さいながらそこそこ充実した免税店と
ファストフードやカフェなどがあります。

お酒やお土産、化粧品やモバイルアクセ系のショップも入ってました。

ありがたいのは、両替所。

img_2345

手荷物検査所を抜けてすぐの
Dubai Dutyfree の看板の下の両替所。

手数料ゼロで両替できます。

空港の換金レートが手数料無しの適正価格ってうれしいですね〜。

ここで手持ちのディルハムと、残っていたオマーンリヤルを
全部USドルに換金しました。

この後、飛行機移動定番のラウンジへ。

小さいターミナルですけど、
ちゃんとプライオリティ・パスで入れるラウンジがありました!

手荷物検査所を抜けてすぐ左手にあるラウンジが利用できます。
img_2347

中へ入ると、左手にPC利用スペースと
その先に食事が提供されているラウンジがあります。

入って右手の部屋は、バーになっていました。

バーカウンターと、ボックス席。
お酒&喫煙スペースのようでした。

私が利用したのは、食事提供側のラウンジ。

食事は、アラビックフードが色々!
img_2351

img_2349

他にフルーツや、ソフトドリンクも充実してました。

あれだけドバイを探して、ほぼ出会えなかった

アラビックフード×お酒の組み合わせ。

まさかの空港ラウンジで、満喫することができました(笑)

お酒は、バーサイドだけでなく

ウエイターの人にオーダーすれば持ってきてくれます。

ということで、アラビックアラカルトプレートを作ってみました(笑)
img_2353

第2ターミナルまでの移動に時間はかかったものの

フライドバイから4時間前に空港に着くようアラートがあり

早めに来たので、以外と時間が余ったんですよね。

wifiつないで、ビール飲んで、ワイン飲んで。

使い倒させていただきました(笑)

ちなみに、ドバイのターミナル2ではフリーwifiが使えますが

制限時間が1時間と限られています。

課金すれば延長できるみたいですが。

ラウンジwifiは、もちろんフリー無制限です!

出国ギリギリまで、最後のドバイディナーを満喫し

ほろ酔いで飛行機に乗って爆睡(笑)

朝にはキルギス、ビシュケクに到着。

次回のブログからは、ようやく中央アジアです!

日本ブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
ad-responsive
ad-responsive
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします♪