【世界一周45日目】ネパールから4ヶ国目UAE ドバイへ!

ネパール滞在14日目のブログです。

相変わらず、3週間ほど遅れてのアップになっています・・・。

現在は、引き続きキルギスに滞在中です。

この日はついにネパールを離れます。

当初10日ほどの予定でしたが、居心地よすぎて
ビザぎりぎりの2週間しっかり滞在してしまいました……。

お世話になった友人、ネパールの人たちに心から、感謝!

自然も、文化も、人も、ゴハンも本当にいいところでした。

大好きです、ネパール♪

行き慣れたアジアを離脱し、
初の中東、4ヶ国目UAEはドバイへ移動です!
((1Rs=¥0.93 1AED=¥27.9 2016年9月時点 です。)

最後のネパール朝ごはん

久々の移動、なんだか落ち着かなくて
&名残惜しくて早起きしてしまいました(笑)

最終日のカトマンズは、曇り。

見慣れつつあったルーフからのカトマンズの景色。
img_2004

自家栽培チリを干してる図とも、お別れ。
img_2002

最後の朝食は、お世話になった宿で食べることにしました。
img_1999
ネパールミルクティーと、トーストに
ダルとアルーのタルカリ。

全部セットで180ルピー。
おいしかった〜。

もうちょっと、ネパール料理に浸っていたかった(泣)。

ごはん食べて、荷造りして。

たった1ヶ月半でボロボロになったビーサンの代わりに
近所でネパリサンダルを購入。

値段を聞くと、800ルピー………
いや、高すぎでしょ 笑

でもケガした足に優しいカタチ&麻素材。

時間もないので、とりあえずネゴって
半額400ルピーで落札……

まだまだイケそうな感じだったな〜。
タメル地区でのお買い物は、ネゴがんばりましょう 笑

フライドバイの荷物重量制限にびっくり・・・

宿でタクシーをお願いして、空港を目指します。
タメルから空港まで500ルピーでした。

ネパール入国が陸路だったので、初のトリブバン国際空港です。

チェックインカウンターへ荷物を預けに。

今回はFly Dubaiでのフライトです。

オンラインチェックイン済の人向けのカウンターがガラガラで、すぐに手続きへ。

カウンターの担当者から

「お客様のチケットは、預入荷物7kgまでのチケットですよ」

と。

え?そーなの??

確かに、購入するときもう1グレード
荷物の重量アップできるチケットはあったけど……

デフォルトだと預入7kgしかないのか!
*路線によって違うようです。
わかんなかったから、友達にも見てもらったのにな〜(泣)

20kgまでいけるぽい内容を見た(と思っていた)のに
ただの英語の読み間違いか!(笑)

今さらどうしようもないので、超過料金のお支払い。
16kg分、16,000+手数料を支払い……

結局、全部で40,000円オーバーのチケットになってしまいました。
最初から荷物アップチケ買っておけば、もっと安くすみました……。

ちゃんと読まないとダメですね〜(当然か)。

ちなみに、e-ticketはプリントアウトしてませんでしたが
(宿の人が大丈夫って言ってたので)

特に紙での提示を求められることも
ドバイ出国チケットの提示を求められることもありませんでした。

イミグレも、「Japanese?」と一言聞かれただけで
一瞬でスタンプが押されました。

あっさりイミグレを抜け、出発までラウンジでお昼ごはんです!

トリブバン空港のラウンジ

いつも通り、プライオリティパスで入れるラウンジへ。

img_2005

お隣には、タイ航空専用ラウンジもありました。

入口を入り、階段を登った先の右手がラウンジ、
左側は一般で入れるスカイレストランでした。

別の人のブログで、食事が大したことないというコメントを見てたんですが

以外と、充実してましたよ!!

新しくてピカピカ!ではもちろんないですが
清潔なフロアにゆったりソファー。

img_2011

深夜早朝便とかだったら
余裕で寝れちゃいますね、ココ。

トイレに行ったら、1つだけシャワーの個室もありました。

食事は、ネパール料理が少しと
洋食、サラダ、ナッツ、おつまみオードブルなどなど

img_2007

ビュッフェの向かいに、冷蔵系の食事のケースとバーカウンターがあります。

サンドイッチなどの軽食もありました。

当然、アルコールもフリー♪

ここから中東・中央アジア、どんどん飲みにくくなりますからね……
(と、このときは思っていました・・・)

というわけで

たぶんしばらく飲めないだろうTUBORGでネパール最後のランチです。
img_2013

ちょっとスパイシーな料理もありつつ
ほとんどいわゆる洋食でした。

お初です、フライドバイ

再度セキュリティを抜けて、ゲートへ。

ボーディングタイムは、LCCらしく1時間前。

結局遅れる……かと思いきや
ネパールの飛行機は時間通りでした。

バスに乗り、タラップまで移動。
img_2016

ありがちですが、私の席に誰か座ってます。

乗務員に尋ねると、
「トイレも行きやすいし、通路側の方が……」
みたいな。

いやいや!

「私今回ヒマラヤ見たくて、右の窓側取ってたんですよ!!」

って言おうかと思ったんですが

恐らく普段私より飛行機に乗らないだろう、
飛ぶ前からワクワクしてるネパールの人を見て

大人しく譲ることにしました(笑)

結局通路側でしたが、乗務員の人が気を利かせて
空いていた非常口席に移動させてくれました。

足元広々♪ありがたい!

両側3列の小さな飛行機でしたが、全体的にシート広め。

LCCではめずらしく、ちゃんとモニター付きの機体でした。
img_2017

イヤホンはセルフです。
持ってなければ、音でるので諦めましょう。
(私は、スーツケースにしまってました…)

景色に大興奮のネパール青年越しに
ちらっとヒマラヤを見ることができました。
(曇ってたので、頭だけですけど)

なんか買ってみようかと思いましたが
ネパールとの物価の差にビビり、見送り(笑)
img_2020
そもそも、ドルかディルハムしか使えないので

ディルハムとか、当然持ってませんし

貴重なドルを使うのはやめて、到着までガマン・・・

ドバイ到着!!

定刻通り、飛行機は到着。

再びタラップを降り……

暑い…………

時刻はすでに18時半過ぎ。

息苦しくなるような蒸し暑さ。
湿度が高く、もはや低温サウナのよう……。

覚悟してたとはいえ、ちょっと萎える。

イミグレ職員の服装に、アラブを感じつつ通過。
荷物を取り、荷物受け取り所の前にあった免税店でお酒を購入。

ドバイからオマーンへの旅を予定してますので。
ここを逃すと、もう当分お酒買えませんから(笑)

ATMでUAE通貨ディルハム(AED)を引き出し入国です!

空港から市街へ!

到着したのは、メインのドバイ国際空港

ではなく
少し離れたところにある、アル・マクタン国際空港

img_2023

降りてはみたものの、どうやって街まで出ればいいのか……。

とりあえず、インフォに向かってみます。

宿の場所を伝えると、バスとメトロで行けるとのこと。
ここで、nolカードというものを購入しました。

日本で言う、suicaやpasmoみたいなチャージ用カード。

日本と違うのは、ドバイのバスやメトロなどの交通機関は
nolカードでの支払いオンリーで、現金払いができないということ。

ですので、公共交通機関を使う時には
nolカードの購入がマストになります。

1日乗車券もありますが、
数日滞在するので、通常のカードを購入。
img_2025

初回購入費はAED25(内デポジット7)です。

空港から、宿があるメトログリーンラインの
Al Fahidi駅を目指しました。

空港外のバス停から、メトロのレッドラインに接続するバスが出ています。
img_2026

乗り降りどちらの際も、カードを読み取り機にかざします。

バスの終点が、Ibn Battutaというメトロの駅です。
img_2030

ここからメトロに乗車。
2路線しかないので、カンタンです。

駅名にNo.がふってあるので、乗換えの際は
向かいたい方面終着駅のNo.のサインを見て移動します。

無事、Al Fahidi到着です。

ドバイの安宿!

今回は、Al Fahidi駅から徒歩8分程のところにある
Domme Hostelというところに宿泊しました。

ドバイの宿は高いので…数少ないホステルを利用。
1泊AED85のドミトリー。

2,300円程度の宿泊費、安くはないけど
ドバイの中ではかなりありがたいお値段です。

お部屋はこんな感じ。
img_2031
バス・トイレもシーツもキレイでwifiサクサク。
キッチンにはフリーフードやウォーターサーバー。

文句なしです!

オールドスークエリアはすぐ近くと、立地も良かったです!

ただ、建物が、非常にわかりにくい…

まだ出来たばかり(というか、一部まだ建設中)の
アパートメントの1室。

img_2033

宿の人が、親切に外観の写真や
Google Mapのルート案内をPDFで送ってくれます。

きっと案内を確認すれば、たどり着けるハズ!!

だったのに

私は、メールに気付かず、建物が判別できず
近隣で聞き込みをしまくりました…(泣)

宿へ電話をかけて確認してくれた親切な人の隣に
たまたま同じアパートの住人がいたという幸運。

近くのレストランで食事をしていたところを
食事を中断し、ホステルの前まで送ってくれました……。

ありがたひ。

こちらのホステルを利用される方は
宿からメールが届きますので、確認してから向かいましょう(笑)

ドバイ初日のアラビックナイト…

宿へチェックインし、ちょっと遅めの夕飯へ。
時刻は22時を回ったところ。

でも、ドバイの夜は長いんです……。

日中暑すぎて、みんな夕方から活動するからですかね(笑)

スーパーや薬局、レストランなど
24時間営業のところがたくさんあります。

治安も良く、女性もたくさん歩いてました。

とはいえ、地の利もわからないので
宿で聞いた1番近いホテル、Melia Dubaiのバーへ。

ドバイでは、レストランではほとんどお酒を提供していないので
飲みたい時はホテルへ行くのが確実です。

いくつかレストランが入ってましたが
QUANTUMというバーに行ってみることにしました。

img_2035

行ってみて初めて知ったのですが、ドバイは8割が外国人。

周辺諸国の料理を中心に、各国料理が乱立する
ある意味東京みたいな場所で。

アラビック料理×お酒なんていうお店を探すのは
なかなか難しいんですよね……。

ということで、ノーマルスポーツバーです(笑)

p9050453

ビールが1杯AED40。

約1,100円です。

p9050449

やっぱ高いなぁ……(泣)

お通しにかなりの量のナッツがついていたので、1品だけオーダー。

チーズフライ的なもの。

p9050462

1杯でやめるか、高いけど2杯目に手を出すか……

悩んでいたところ、

隣のボックス席のお客さんから、一緒に飲もうと声をかけられました。

女性もいたので、混ざってみることに。

このお客さんたち、どうやらみなさん
ドバイの実業家さんたちだったようで。

アラブの人3人、カナダ、スペイン、中国の方々が
英語とアラビア語を織り交ぜながら、仕事の話と雑談をしながら飲んでました。

カタコトの英語でぶっこんでよかったものかはわかりませんが
ドバイで成功してる人たちの話はとてもおもしろく

みんなバカほどお酒も強く……

おつまみに

p9050458

モヒートや

p9050467

なんだかわからないお酒も

p9050460

ちゃっかり全部おごってもらいました……(笑)

お金なんかいらないから、
日本人に「ドバイは世界一治安が良くていいところなんだよ!」
紹介してくれと言われました。

いいですか、みなさん?

ドバイは世界一治安のいい、ステキな街ですよ!(笑)

ということで、ドバイ最初の夜は
追加で出されたシャンパンとともにふけるのでした……。

日本ブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
ad-responsive
ad-responsive
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします♪