【世界一周47日目:UAE】日帰りアブダビ!フェラーリワールド♪

UAE3日目です。

現在、最後のキルギスの夜を迎え

久々の移動を控えててんやわんやしています。

7ヶ国目に入ろうというところ、まだブログは4ヶ国目UAE。

やんわり、更新していきます・・・。

ということで今回は、ちょっと足を伸ばして日帰りアブダビのブログ。

この日の目的は、ゴハンではなく………

F1!!(笑)

スミマセン、ちょっと脱線してガッツリ観光楽しんできました。

だって、アブダビですから!

フェラーリのアミューズメントパークがあるんですよ!!

興味ないとか言わず・・・

テンション上がりすぎたので、しばしお付き合いくださいませ・・・。

1日日帰りで十分だと思っていたアブダビ。

結果、全然時間足りませんでした。

いえ、フェラーリワールドで遊びすぎました(笑)

F1好きで、アブダビ観光もしたい人は

1泊することをオススメします・・・。

ということで、予定していたモスクやビーチをすっ飛ばし

アブダビ移動とフェラーリワールド、そしていつもより薄めゴハンのブログです(笑)

(1AED=¥27.9 2016年9月時点 です。)

ドバイ⇄アブダビ バス移動

ドバイから首都アブダビへは、バスで片道2時間ほど。

AED25で行くことができます。

ドバイの、Al Ghubaiba Bus Stationから出発です。

バスは結構頻繁に(15分おきくらい?)出てるようで

当日直接バススタンドへ行っての購入でOK。

ドバイからは、シルバーのnolカードが必要です

持ってなければ、バス停で購入になると思います。

バスはこんな感じ。
img_2085

普通の、観光バスです。

ドバイらしいビル群を見ながら、バスは進み
img_2088

途中から景色は砂漠へ
img_2089

Abu Dhabi Central Bus Stationへ到着です。
img_2090

アブダビ市街から、Yas Islandへ!

アブダビのPublic Busに乗り換えて
Yas Island へ向かいます。

目指すは、ヤス島にあるフェラーリワールド!!

バスカウンターでチケット購入。

市バスに乗るには、ドバイのカードとは違う
hafilatというアブダビのバスカードが必要になります
img_2097

カウンターで行き先を言うか、必要金額を伝えると
チャージして渡してくれます。

チャージして残った金額は、最後にまたカウンターに行くと

払い戻ししてもらえました!

170、180、190、195の4つの系統が
ヤス島へ向かうバスです。

壁に貼ってあるルートマップで
行き先と時間を見るように言われました。
img_2092

フェラーリワールドで停まるのは195ですが
次のバスまで時間があるので
190系統のバスで、ヤスモール下車することに。

モールと、フェラーリワールドはくっついてます。

ここまでは、順調。

だったんですが

このバス、どこから乗るの…??

どこにも案内がありません。

3人に聞いて、3者3様。

なんか、この手のタイムロスがインドばりに多い気がする(笑)

ターミナルを行ったり来たり・・・。

色々聞き回り、ようやく、バスターミナル内ではなく、
Al Wahda Mallとは反対側にある道路沿いがバス停だということが判明

Sultan Bin Zayed The First Streetへ出て
目の前の陸橋を渡ったところがバス停でした。

バス停側から
img_2096

目印はこの看板
img_2095

所用約45分、片道AED5でヤスモールへ到着です。

わかりにくいよ…ヤスモール

とりあえず、モールに到着しましたが

どこにいるんだか現在地がイマイチわかりません。

行きも帰りも、とりあえずCinema Car Park外のバス停を利用します。

img_2110

とりあえず、周囲の人にくっついてヤスモールの中へ。

p9060806

よ〜く見てみると、所々小さく

フェラーリワールド方面への案内表示があるので

見逃さないように進みましょう。

帰りは、Cinema Parkか、Public Bus乗り場の場所を聞いていくと

ここにたどり着けると思います。

ホテル行きの送迎バスや、ヤス島内のシャトルバスなど

色々バスがあるので、アブダビ市内へ戻る際は

必ず「Public Bus」と伝えましょう。

モール内をしばらく進んで行くと

見えてきました、赤色のゲート!!

フェラーリですよ!!(←大興奮)

p9060711

というわけで、無事フェラーリワールドまでたどり着けました!

どうする、入場料!?

入場チケットは、ゴールド・シルバー・ブロンズの3種類。

乗れるアトラクションが違ったり、

優先レーンに入れたりと色々特典はあるのですが・・・

ここは満を持して

控えめに、ブロンズです・・・

ここまで来て、何やってるんだと言わないでください。

1番安いブロンズチケットが、AED275。

8,000円弱と、貧乏ツーリストにはキビしい出費なのです(泣)

モータースポーツは敷居が高い・・・。

いいんです、来たかったんです!

とりあえず、ブロンズで満喫できるところまで堪能します!

このお値段ですので、当然チケットからレストラン

お土産に至るまでカード利用OKですので

キャッシュが少なくても、安心して楽しめますよ(笑)

フェラーリ!フェラーリ!!フェラーリ!!!(笑)

ということで、入ります(笑)

早速、フェラーリがお出迎えです!!

img_2101

入ってすぐのところでやっていた、タイヤ早替えパフォーマンスのお兄ちゃん。

p9060726

とりあえず、一緒に撮ってみる(笑)

p9060734

で、ゆっくり見る前に、とりあえずランチタイム。

p9060738

レストランも赤色。

紙ナプキンもフェラーリ♪

p9060747

イタリアンとかが多かったですけど

ここでもなんとかアラビックランチを見つけ出し

Chicken Shawarmaをオーダーしました。

img_2102

お値段、フェラーリワールド価格のAED65、贅沢ランチでした・・・。

ランチを終え、ぐるっと一周。

ここからは、フェラーリワールド内をざっくりご紹介。

とりあえず、定番のゴーカート、というかミニサーキット的な。。

当然ながら、かなり本格仕様でした。

p9060753

お金を払えば、フェラーリ試乗もできちゃいます!

このフェラーリは、5分後にお客さんを乗せて出発していきました。

p9060751

自分で運転しても、ドライバーをお願いしてもOK。

試乗価格は、ざっくりAED800、¥20,000ちょっと(笑)

当然手が出ませんので、泣く泣くスルー。

こちら、F1のGを体験できるマシーン。

p9060763

こちらもブロンズでは乗れず・・・。

ということで、このマシーンの後ろにあった

全員乗れるサーキットシミュ的なものに乗ってみました。

p9060756

ただのサーキットゲームと侮るなかれ

レーシングカーの動きをかなり再現していて

体感も臨場感もかなりのものでした!

p9060760

他のお客さんと8人でのレース。

大人が本気モードで対戦します(笑)

resultは3位、まぁぼちぼちでしょうかね〜。

他にも、フェラーリ製造工程アトラクションとか

p9060785

普段絶対に乗らないジェットコースターも

p9060794

フェラーリ型だったのでつい・・・

img_2104

乗ってしまいました・・・(笑)

結局半日しっかり満喫しまして

p9060803

言うなれば、1人ディズニーランドのような状態で

夕方までどっぷり満喫してしまったのでした・・・。

ということで、これにてアブダビは終了(笑)

ドバイへ帰ります・・・。

夕飯は、またしても・・・

ドバイに帰って、宿近くのホテルで適当に夕飯・・・
と思ったんですが

どこもインド、中華、ロシアばっかり。

テイクアウトで宿で、とも思ったんですが

安ホステルは混んでるので
キッチンで立ち食いしてる人がいたりとか

落ち着ける場所がないんですよね…(泣)

ローカルは、やたらインドパキスタンばっかり
アラブ料理はムスリム男性で溢れていて入りづらく。

とりあえず、翌日はオマーンへ移動なので

パームビーチホテルで、またしてもインド料理店へ・・・。

入ってみたんですが

img_2117

いちおう、インド舞踊のショーも付いてましたが

img_2118

料理の写真はNGと言われてしまいました・・・。


フィッシュカリワダ(AED65)と、キングフィッシャー(AED35)をオーダーし

ナッツとバパドとチャトニ3種類が大量に付いてきました。

写真が出せず残念なのですが、バツグンにおいしかったんですよ。

めずらしくマスタードのチャトニがついていたり。

でも、店員さんの対応がホテルもレストランもイマイチ。

ドバイは、エミレーツ系のホテルがやっぱりいいんでしょうかね?

前回行ったメリアドバイがそこそこ安くて、キレイでダントツで良かったです。

ということで、食&観光どちらも薄め

フェラーリオンリーの1日でした。

明日はオマーンへ移動します!!

日本ブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
ad-responsive
ad-responsive
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします♪