【世界一周143-144日目】ルーマニア シビウ~ハンガリー ブダペストへ夜行電車の旅

ルーマニア最後の街シビウを後にし、

15ヶ国目、ハンガリーへと入ります!

シビウから、ハンガリーの首都ブダペストへ

夜行電車で移動しました。

ハンガリーはブダペストのみの訪問でしたが

見どころたくさん、クリスマスムード盛りだくさんで

4泊滞在しました!

今回は、

・ルーマニア シビウからブダペストへの移動

・ブダペストでの宿&レストラン・グルメ情報

のブログです!

(1RON=¥27 , 1HUF=¥0.39 2016年12月時点)

RON=ルーマニア レイ , HUF=Ft(ハンガリー フォリント)

危うく乗り過ごし!ブダペストへ夜行電車でGo!

シビウからは、夜行電車でブダペストへ移動しました。

国際電車とあって、お値段はさすがに安くなく・・・

166レイ、¥4,500近くかかりました。

(ちなみに、3日以上前に予約したらもっと安くなるそう)

電車の座席は、6人一部屋のコンパートメントタイプ

指定席だったんですが。

チケットカウンターのおばちゃんが、何を考えたのか

スッカスカの電車なのに、

男性3人グループと同じコンパートメント席を指定しており・・・

いっぱい空っぽのコンパートメントがあるのに

向こうも、なんで?みたいな空気。

しばし居座ってみたものの、いっぱいなら分かるけど

両サイドも、その先も部屋は空いていたので

さすがに居心地悪く・・・

車掌さんに言って、コンパートメントを替えてもらいました。

ということで、結局6人コンパートメントが貸切。

横になって寝放題という、超ラクラク夜行電車の旅に♪

コンパートメントの入口はドアが閉まり

カーテンまで付いているという完全個室空間!

エアコン、調光も勝手に変えられて、快適すぎる!

19:25シビウ発の電車は、

翌1:40にハンガリーとのボーダーに到着。

税関職員が、各コンパートメントを回り

パスポートチェックをします。

その場でパスポートにスタンプが押され、返却されました。

ハンガリーは、シェンゲン協定加盟国。

ここから、シェンゲン国滞在日数カウントが始まります。

※シェンゲン協定とは。

 協定に加盟している国内間において、すべての180日間の内、90日を上限に

 税関チェックなく移動・滞在ができるというもの。

 要するに、過去180日の間の加盟国滞在日数が90日以内なら続けて滞在可。

 現時点から180日遡ってカウントしたとき、既に滞在日数が90日に達している場合

 90日以下になる日まで、シェンゲン国内に再入国することはできない。

 滞在中に90日に達してしまう場合は、速やかに加盟国外へ移動しなければならない。

というもの。

長期で滞在しない人にとってはあまり関係ありませんが

世界一周とかやってる人だと、日数オーバーやりかねませんのでご注意を!

で、無事ハンガリーに入国。

電車はブダペストが終着ということで、爆睡

・・・で、爆睡しすぎまして。

朝4:40ブダペスト着だった電車。

私が目を覚ましたのは、5:10

・・・あれ?30分も過ぎてる・・・

通路へ出て、他のコンパートメントをのぞいて回り

1人男性が乗っているのを発見して聞いてみる。

「ここ、どこですか?ブダペストって終着ですよね??」

と聞くと

「この電車、オーストリア行きだよ」

との回答。

へ?オーストリア??

「ココは、ブダペストだけど・・・

 降りるの?電車あと3分で発車するけど・・・

と、男性。

は!?あと3分!!降りねば!!!

慌てて荷物を取りにコンパートメントへ。

ブダペストまで乗ってきた乗客だと思っていなかった男性、

一緒に付いてきてくれて、

「大丈夫!まだ3分あるから!!」

と、私をなだめつつ、私よりも焦って(笑)

車両の出口までダッシュでスーツケースを運んでくれました・・・。

親切な人が乗っててよかった・・・。

電車は、間違いなくブダペストが終着ではあったけど。

そのままオーストリア行きの電車として行き先を変える車両

だったようで・・・。

着いても、車内の点検とかしてくれないんですね・・・。

間一髪!!

私が降りた電車は、その後すぐオーストリアへ向けて出発していきました。

マジメに、起きたらオーストリアとかやらかすところだった(笑)

快適すぎる電車には、ご注意を・・・。

で、なんとか無事に下車できました、ブダペストの駅。

到着したのはブダペスト東駅、Budapest-Keletiです。

ここしばらくなかった、パーフェクトな英語表記が至る所に!!

早朝からツーリストインフォもちゃんとやってるし。

構内にはちゃんとロッカーもあるし!

宿までは、ここから地下鉄で移動だったのですが

表示超わかりやすいし!

もちろん英語表記にはなるし!!

クレカ使える自動発券機なんか、どれだけ見てなかったか!!

地下鉄もキレイだし!

ちゃんと何分後に発車するとか分かるし!!

あ〜、なんかやっと、久々に

先進国の水準にたどり着いた感じ(笑)

日本から西回りで旅をする人は、

きっと同じ感想を持つハズだ、と思う(笑)

ということで、ここから安定のハンガリー♪

ブダペストの安宿

Budapest-Keletiから、宿のあるFővám térという駅へ

地下鉄で移動しました。(チケット代350Ft)

今回のお宿は、フロー ホステル(Flow Hostel)

地下鉄駅からすぐ、中心部で立地バツグンです!

到着した時、辺りはまだこんな感じでしたが・・・

超早朝なのに、ちゃんと入れてくれました!

すぐチェックインはできなかったけど

共有スペースがやたら広いこちらのホステル。

というか、ホステル自体がかなり大きいんですが。

「チェックインはできないけど、

ロッカーはすぐ使っていいし、シャワー浴びてもいいし

共有スペースで寝ててもいいよ(笑)」

みたいな、結構親切な感じ。

スタッフ感じよし。

シャワーもトイレもやたら数がある。

キッチンがバカでかい。

共有スペースもバカでかい。

ドミのベッドしっかり&カーテン付いてる。

カンペキでした♪

周辺環境も、

地下鉄&トラム駅近い。

観光地近い。

レストランいっぱい。

スーパー近い。

文句ナシです!

朝食ナシですが、6人ドミで

お値段1泊1,970Ft、¥770くらい。

これだけ褒めちぎっといて、写真なくてゴメンナサイですが…。

(撮り忘れました・・・)

この後旅中に再開したり、泊めてもらったりした友達も

ココでいっぱい作れて大満足♪

おススメ宿です!

世界一周中にカメラのレンズが壊れたら?

正解は、

直るもんなら、直す。

ダメなら、必要なら買い直す。

当たり前ですね、それだけです。

そんなことは分かってるんですけど。

じゃあどこで、いくらで?

ってハナシですよね。

私のレンズは、ブルガリアの地方都市で壊れ

ブルガリア、ルーマニアと首都を避けて移動したので

首都にあったかは定かではありませんが。

ミラーレス一眼だったんですけどね。

容易にミラーレスのレンズが買える店なんかなかった訳です。

寄った街全部で探したけど、見つからず。

接触不良だったようで、

ブルガリアのカメラ屋で掃除してトライしてもらったんですが

どうにもならず・・・。

で、ここハンガリーはブダペストに到着しまして。

早速、聞きました、宿スタッフに。

ネットで調べてもらいまして・・・。

つ〜い〜に!たどり着きました!

オリンパスの正規ショップ!!(場所はコチラ

そんなに必要な人もいないかもですが(笑)

友人の旅人も同じカメラで同じレンズが、

同じ感じで壊れてたので、一応。

で、友人のケースと対応も一緒だったんですが

(確かドイツのオリンパスショップに行ったとか)

結果は

「直りますけど、2週間かかりますが、いいですか?」

というもの。

いいわけありません。

そんなに、滞在しませんブダペスト。

と、いうことで、選択肢は

新規購入。

「レンズの在庫あります?」

と聞くと

「ありますけど、1種類だけなんですけど・・・」

と、出てきたのは日本円で4万なんぼのレンズ。

イヤ、イタい、それはイタい。

と思っていたら

「新商品なんで半額プロモやってますよ」

・・・あれ、神の声!

それでも、2万なんぼ。

想定外出費として、イタいと言えばイタいけど、

絶景を撮り逃し続けたストレスを考えれば・・・・

買う!!!

ということで、購入に踏み切ったんですが。

会計を聞いて、違和感。

・・・高い。

そう、着いてすぐレンズ買いに行って、気付いていなかった。

ハンガリーは、

世界で1番消費税が高い国。

ええ、完全に気付いてませんでした。

消費税率、驚愕の27%です!!

あ〜・・・、やっちまった。

もう買っちゃったし。

ハンガリーで買うだけで、売値の約3割増。

泣ける。

物価自体は、そんなに高い国じゃないので

3割アップでも旅に支障が出る程高額にはなりませんが。

精密機器系は・・・

周辺国の税率と必要性に応じて、考えた方がいいかもです・・・。

一応EU圏では、いわゆるDUTY FREE対応ショップなら

免税証明書をショップで発行してもらっておけば

EUから出る最後の国の空港で、税金還付が受けられます。

ハイ、この時はそんなことも知りませんでしたね。

オリンパスショップが対応してたかは分かりませんが。

ということで、半額プロモで一度テンション上げて

税金の高さに愕然としたハンガリー初のお買い物。

NEWレンズが付きまして。

短いの欲しかったのに、持ち歩きかさばるようになりましたが。

これしかなかったんで。

ま、でも、これで、ハンガリーの絶景がまたちゃんと撮れました!

ゴハンもちゃんと撮れるようになりました!

写真の画質、ここからまた上がります(笑)

ハンガリー初ランチは、定番のアレ!

ということで、レンズゲットしまして

早速ランチに向かいました!

ブダペスト1軒目は

Magdalena Merloというお店です。

結構キレイ目なレストランといった感じ。

高い買い物したばっかのクセに。

ということで、ちょっと敬遠しようか悩んだんですが。

もう、オナカすきすぎて(泣)

前日夕飯食べずだったんで、適当に入っちゃいました。

ということで、ガッツリいきます!

“A menu”なるセットメニュー(3,990Ft)があったので

そちらをオーダーしてみました。

スープ・メイン・ワイン1杯のセットでした。

ということで、まずはスープ&ワインから。

まずは、やっぱりハンガリーに来たら

グヤーシュ!いっとくでしょ!!

お肉と野菜、ラードにパプリカなどを使用した

言わずもがな、ハンガリーの代表料理ですね!

お肉も野菜もゴロゴロ、あったか幸せ煮込みです♪

そしてメインはMagyaros szűzérme

ハンガリー流ポークのグリル。

表面カリッと焼かれたポークの下にあるのは

lecso(レチョー)と呼ばれる、こちらも代表料理。

トマトと、辛いパプリカ、

ハンガリー産のサラミ「コルバース」を入れることもある

煮込み料理。

一食目からハンガリー色全開でいってみました!

こっくり美味しい、そしてちょっとヘビー(笑)

そんなハンガリー食旅はまだまだ続きます・・・。

このまま続けて書こうと思ったんですが

ハンガリーの夜景がスゴすぎて、長くなるので

続きはまた次回ブログで!!

日本ブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
ad-responsive
ad-responsive
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします♪