【世界一周92日目:イラン】ヤズドからイスファハンへバス移動&Happy ホームステイ♪

イラン滞在7日目のブログ。

 

現在地は、コロンビア、サンアンドレスという島にいます。

これから今回南米最後の場所となるメデジンという都市に移動し

その後ちょっとだけ中米を経由し、メキシコへと向かいます!

 

 

1年で帰国、といってスタートした旅ですが

昨年7月に日本を離れ、既に1年以上経過しております…。

 

 

ハイ、ちょっとだけ、延長します(笑)

9月には…と一部の人には話しましたが

たぶん10月に入ってからの帰国になりそうです…。

 

 

それ以上は延長しません、ちゃんと帰ります(笑)

 

 

ということで、以前進まずなブログですが

変わらずちまちま書いて行きます。

 

 

今回は、ヤズドからエスファハーンへ移動した日のブログです。

ほぼ移動のみなので、短めで〜。

 

 

(1$=35,000Rls 2016年10月時点)

 

 

 

ヤズドからイスファハンへバス移動

3泊きっちり濃い時間を過ごしました、ヤズド。

 

 

旧市街からバスターミナルまでは離れているので

宿お抱えタクシードライバーのお兄ちゃんに送ってもらうことに。

 

 

タクシー代は、100,000Rlsで交渉してもらいました。

滞在していた時期(2016年10月)の、相場価格だと思われます。

インフレの激しいイラン、既に少し上がっているかもしれませんが…。

 

 

宿のチャイハネで仲良くなった旅人のみんなと

親切な宿のスタッフともこれでお別れ。

 

 

みんなに挨拶して、盛大に見送ってもらってタクシーへ。

 

 

ほっこりしていたところで、

宿のコンセントに充電ケーブルをごっそり刺しっぱなしにしてきたことに気付き

苦笑いで宿へリターン(笑)

 

 

結構戻ってもらったのに、タクシー代の追加料金もなく

 

それどころかこのドライバーさん、ターミナルに着いた後も、

荷物をエスファハーン行きのバス会社まで運んでくれて

チケットの交渉までしてくれました!

 

 

イラン…ホントなんて優しい国なんでしょ。

ありがたや。

 

 

自動的にバス会社へ案内されたので、

他の会社との比較も特にしてませんが。

 

ヤズドからイスファハンまでは、ノーマルバスで150,000Rls

$4ちょっとと格安プライス!

近いとはいえ、4時間ちょっと乗るのに安くてありがたい〜!

 

 

が、ゴメンナサイ、ちゃかちゃか手続きが進んですぐ出発だったので

会社名の控えも写真も残っておらず…。

 

 

ジャパニーズ? アイラブユー!

とか話しかけてくる、

やたら陽気な乗務員が対応してくれたのは覚えてるんですが(笑)

 

 

ヤズド〜イスファハン間は、運行本数も多いですし

適当にターミナル行って、適当な会社のチケット買えば

みんな優しいからきっとなんとでもなります(笑)

 

 

 

この日は、カウチサーフィンで見つけたホストのお宅へ向かっていました。

イランSIMを持っていなかった私。

 

宿タクシーのお兄ちゃんから、バスドライバーに事情を説明してもらい

バスドライバーからホストファミリーに到着時間を電話連絡してもらうという

ツアー会社顔負けサービスを展開してもらい、バスへ乗り込んだのでした。

 

 

 

もう何度も書いてますが、

イランのホスピタリティ、すごいっす…。

 

 

イスファハンで民泊!ホームステイ♪

ということで、4時間ちょっとで無事イスファハンへ到着。

 

バスターミナルからホストファミリー宅への行き方がいまいちわからず

親切にも、迎えにきていただきました…。

ホントお手数お掛けしましたです。

 

 

ホスピタリティがスゴイとはいえ、

私にとって未知の国だったイラン。

 

 

民泊して色々知りたい!と思いつつ

いきなりイラン人宅に転がり込むのもちょっぴり不安・・・。

 

 

という中で、カウチサーフィンで見つけた

イラン人とご結婚された日本人女性のアカウント!!

 

 

見つけてすぐ、オファーさせていただきました。

快く受け入れていただいて、もう感謝感謝です♪

 

 

イランの日常生活を、日本人の目を通して

日本語で色々教えてもらえるという、なんともありがたい機会に恵まれました。

 

 

ここから4泊お宅にどっぷりお世話になりまして。

なので、イスファハンの宿情報は今回はありません。

 

 

イラン人の旦那さまのご両親と2世帯住宅的な感じになっているお宅。

一般のお宅なので写真掲載は控えますが…

 

 

超豪勢なイラニアン家具がリビングにど〜ん!!

という、なんともすごいお部屋。

 

 

この後妹さんのお宅や、別の街でも一般家庭訪問することになるんですが

どのお宅もスゴイ家具と装飾品の数々で…。

イランの文化を垣間見ることになるのでした。

 

 

 

到着早々、イラン流のあたたかいおもてなしをしていただきまして

 

 

イランといえば、なチャイと手作りケーキに

 

 

フルーツを使ったりしたお砂糖菓子

 

 

旦那さまが作ってくれたザクロのジュースも♪

 

 

至れり尽くせり、ホントすみませんです。

 

 

 

いつもながら、エスファハーンについても

な〜んにも調べずにフラッと訪問した訳ですが(笑)

 

 

色々エスファハーンやイランについての情報をいただいて

翌日からは観光案内もしてもらって

この上なくHappyなホームステイとなったのでした♪

ありがとう〜!!!

 

 

 

到着初日から、ちゃっかり夕飯もごちそうになりまして

イランの食文化に興味深々の身としては、嬉しいの一言に尽きます!!

 

 

いただいたのは、コチラ。

お米とヨーグルト、サフラン、コショウとミントを煮込んだお料理。

日本人の感覚からすると、字面ではなかなか味の想像がし難い感じですが。

 

 

私は好きな味でした♪

さっぱりでペロッといただいちゃいました(笑)

 

 

高級であるが故に、他の国ではカラーパウダーや

低品質の安物で代用されることも多いサフラン。

 

 

ここイランはサフランの名産地

色んなお料理に、香り高いサフランが使われています。

ミントなどのハーブもたくさん採れる、イランならではのお料理ですね〜。

 

 

ちなみに、ヨーグルトも自家製

旦那さまのお父さんが作っているんだとか。

加工品独特の強い酸味とかもなく、まろやかでコクのあるヨーグルト

 

 

料理でも飲料としても、大量のヨーグルトを使うイラン。

家庭の味があるっていいですね♪

 

 

 

本当に幸運なことに、旦那さまの妹さんが

イラン料理の先生をやってらっしゃるとのことで!!!

 

翌日は、お料理教室に参加させてもらうことに!!!

 

 

ということで、次回ブログはイランのお料理ブログになりま〜す♪

 

関連記事一覧

PAGE TOP