【世界一周126-127日目:トルコ】イズミールからチェシメへ日帰りTrip!

トルコ滞在10〜11日目のブログです。

滞在しているイズミールから

少し足をのばして、エーゲ海沿岸リゾート地チェシメへ

日帰り旅をしてみました!

イズミール最終日は、また市内を少し見て歩いて

いよいよ、トルコ最後の街、首都イスタンブールへ旅立ちます!

(1TRY=¥32.9  2016年11月時点)

TRY=トルコ リラ

イズミールからチェシメへの行き方

イズミールが面している海もエーゲ海なんですが。

入り組んだ陸地の内側じゃなくて、

やっぱりどーんと青いエーゲ海が広がっているところが見たい!

ということで、イズミールから西へ西へ、

陸の端のチェシメ(Çeşme)という街へ日帰りで行ってみることに。

この日も宿の夜勤バイト君の日中の空き時間をいただきまして。

ほとんど寝てないのに、朝から付き合ってもらいました。

※本人が、他の街から移住したてで観光したがってただけです。強制してません(笑)

まずは、宿近くのバスマーネ駅から

地下鉄に乗って移動します。

発券機でチケットを買います。

こちらの発券機で買えるんですが・・・。

メトロカードのデポジットが6リラかかるということで。

バイト君のカードに2人分チャージしてもらって

カード購入せずで乗車しました。

初日なら買ったかもですけどね。

200円くらいなんですが、もうこれ以降使う予定もなかったので・・・。

一応、駅係員の人に、1枚のカードで2人入って大丈夫か聞いたら

OKということでしたので、違反ではないです。

ということで、バスマーネ駅から地下鉄に乗って

Fahrettin Altayという駅で下車します。

ここの駅を出ると、道路を渡った先にバスターミナルがあるのですが

チェシメ行きは、このバスターミナルから発車ではありません。

このバスターミナルを通過し、駅とバスターミナルの間を走る

Inonu Caddesiという通りを西へ、ガソリンスタンド前を通過して

300mほど歩いたところにチェシメ行きのミニバス乗り場があります。

バスは15リラと、少々お高め。

距離あるので仕方ないんですけどね。

で、ミニバスは、

チェシメのオトガル(バスターミナル)に到着します。

ゴメンナサイ、カフェからの写真しかありませんでした(笑)

ここにバス会社のカウンターがあるので

帰りも、このオトガルでチケットを買ってバスに乗ります。

ちなみに、おそらくですが

オフシーズンの運行本数、減らしているんじゃないかと思います。

行きも帰りも、結構待ちました。

特に帰りのバス時刻は、着いたら確認しておく方がいいですね。

って当たり前ですね(笑)

トルコ人と一緒だと、色々必死に聞かなくていいので、油断。

人任せはいかんですな。

ギリシャは目の前!ブルーのエーゲ海♪

ということで、着いてはみたものの

特に何しに来た訳でもなく。

まぁ海見て、のんびりして、

魚介食べて、お酒飲めればいいか、みたいな(笑)

なんたって、エーゲ海沿いのリゾート地ですから!

とは言っても、この時、11月。

オフシーズンのリゾート地というのは…

人がいない!店が閉まってる!することない!!

とりあえず、海岸線を歩きました。

オフシーズンだとか、贅沢言っちゃいかんですね。

目の前は、青い海です♪

ここから、ギリシャのキオス島行きのフェリーが出ています。

遠くにちょっと船写ってるんですが、わかります?

距離にして、10kmちょっとしかないんです。

え?そこトルコじゃないの??

ってくらい近いところにある島が、もうギリシャなんです。

ということで、本当はノリで行ってしまおうかと思ったんですが…。

幸か不幸か、この日の同行者であるバイト君はトルコ人。

トルコ国内の移動は一緒だと楽だけど

トルコと犬猿の仲であるギリシャに、

トルコ人はビザ無しでは入国できない。

ということで、置いて行くのもなんなので(笑)

断念した次第です・・・。

で、引き続き、チェシメの海沿い。

リゾート地らしく、ヨットハーバーがありました。

たくさんのヨットが停泊中・・・オフシーズンですからね。

いちおう地中海沿いのアンタルヤには寄ったものの

もう数ヶ月単位で内陸ばっかりだったので、やっぱり海はよい♪

天気が良かったので、対岸の島も見えました!

ギリシャ・・・ではなく、もちろんトルコ領の島です。

さすがリゾート地、建設中のホテルもあれば

開店休業中であっても、異彩を放つ建物も。

反射しちゃってちょっとわかりにくいんですが・・・。

この建物、塀が全部水槽でした。

観賞用の熱帯魚とかじゃなく、大きな魚がいっぱいのいけす状態(笑)

で、もう海みてのんびりするだけな感じだったので

もちろんお酒購入です。

ロゼワインの種類がやたら多かったので、1本購入。

もちろんビールも購入しまして・・・。

一番贅沢な、美しい海を見ながら

酒だけ飲んで何もしない日(笑)

EFES続きを打破すべく、購入したのはBOMONTIという

イスタンブールのビール

ま、まったりしただけなんで、こんなもんです。

観光客でごった返してないので、のんびりはできるんですが。

いくらいい天気とはいえ。

11月のトルコは、寒い。

海沿いで冷たいビールを飲むには、

寒さに耐えられる時間に限界があります(笑)

スーパーの目の前のビーチに陣取り

何度かスーパーのお手洗いも使わせていただきまして・・・。

結論、チェシメは夏に来るところ!(笑)

あったかい時期に来たら、最高だろうなと思います・・・。

この日1日のトルコごはん♪

何もしてなくても、ゴハンは3食きっちり食べてます!

朝から夜までトルコ料理〜!

Kumrucu Eyüp

チェシメではなく、地下鉄を下車した

Fahrettin Altay駅からすぐのお店で、朝ごはん。

いわゆる、トルコの伝統的な

超定番スタイルの朝食をオーダーしたら、こんな感じでした!

※写真は2人前です。

一体このオカズたちで、

朝から何枚パンを食べればいいのか(笑)

宿の朝食も、同じスタイルで出てくることが多いんですけどね。

こんなに量はないかな〜。

とはいえ、トルコの名物ばかり。

エキメキ(トルコのパン)に、特産のオリーブ、

欠かせないチーズと、ハチミツ!

宿では大体ゆで卵だったので

オムレツと焼いたハムが出てきたのは初めてでした。

朝食というか

これでワインを空けたくなるラインナップです・・・

MIXオリーブとチーズがこの量のっただけで

日本人からしたら超贅沢ですよね!

これにコーヒー、チャイが付いて15リラでした。

Çelebi Cafe

こちらはチェシメのオトガルに併設しているカフェ

食事メニューは、ロカンタ(食堂)スタイルでした。

オトガルですからね、そんなにラインナップはないです…。

適当にオトガル近くでランチ、と思ったんですが

オフシーズンゆえ、あんまり開いてなくてサクッと。

が、サクッとではなかなか済まないしっかりボリューム。

チキンケバブ(13リラ)です。

ケバブ自体は、普通においしいかな、という感じでしたが。

このお値段と量なら文句なし。

個人的には、ケバブよりこの松の実が入ったピラフが好きです。

どこのロカンタにもあって、外れ無しで嬉しい♪

Langusta Restaurant

この日の目玉は、ここ!

エーゲ海リゾートまで来て、

魚介を食べずしては帰れない!!

ということで、オフシーズンすぎて

あっちもこっちも閉まってるか、開店休業状態の中

ちゃんとオープンしてて、魚メインだったのがこのお店(笑)

シーサイドなので、ハイシーズンはここにテラス席が並ぶようです。

海が見えるとはいえ、寒いので中へ・・・

スタッフが仕事してるだけで、お客さんおらず。

このお店だけじゃなく、リゾートエリアに人がいなかった。

ちゃんとしたレストランが開いててよかった・・・!

メゼ(前菜)はもちろん色んな種類が

魚介を使った、温かいメゼも作ってくれます。

そして、ちゃんとお魚ちゃんたちがいた〜!

お客さんいないけど(笑)

ちゃんと新鮮・・・だったと思う(思いたい)、お魚がたくさん。

エビは、生きてました!

なので、お店の推しはもちろん、コレ

いいやつ、なのはワカルけど、もちろんいいお値段。

貧乏旅人と、宿住み込みバイトペアではちとイタい・・・。

で、エビは断念しつつも

頑張れる限り、フンパツしての魚介三昧!

まずは、トルコ特産ムール貝!

大ぶりムールがてんこ盛り♪

揚げたてサクサクフライに、ジューシームールがたまらんです〜!

そして、いつぶりの出会いだったか・・・

超久々の、イカ!

スパイスが効いて、香ばしく焼いてあって美味しかった。

私、そんなに普段イカ食ではないんですが。

一緒にいたトルコ人バイト君が

「人生でイカを食べたことがない」・・・!!!

というので頼んでみた一品。

トルコでも、食べれなくはないんですけどね。

マリネとか、フライとかあるんですが。

まぁでも基本肉ですし、メジャーではないですかね(笑)

人生初イカの感想は

「う〜ん・・・まぁ、食べれる」

くらい。あまりお気に召さなかったようで・・・。

そして、メイン料理。

先ほどのショーケースから1匹選んで

お任せで煮込み料理にしてもらったんですが。

大きなお鍋がだーん!とテーブルへ。

フタをパカッと開けると

熱々ポットの中で、グツグツ煮立ったスープ!

中に浸る、大きめぶつ切りの、肉厚のお魚!

ふわ〜・・・もう見た目だけで幸せです・・・♪

お皿に取り分けて、レモンをちょっと絞っていただきました!

魚の肉厚っぷりを主張したかったのに

個人的好みでアタマメインに・・・(頭の身が好きなのです・・・)

頭でこのサイズなので、鍋の中にはまだまだ身がたっぷり!

お魚はもちろん美味しかったですが、

魚のダシが出たこのスープがめっちゃ美味しかった!!!

寄せ鍋ではないけど、スープはトルコ版ブイヤベースとでもいうか・・・

トマトベースにスパイスとハーブが入ったスープ

+大ぶりのお魚の骨から出たたっぷりのダシ!!

もう説明十分ですね、うまいに決まってます(笑)

冷えたカラダに染み込みました・・・!!

スーパーで買ったお酒が残っていたのを

持込み許可していただいたので(笑)

1杯だけ追加で白ワインのグラスを頼んで

お値段2人で100リラ!1人50リラでいけました!

いつもよりはフンパツだけど、思ったより安かった!

これだけ食べれて、大満足です♪

オマケ:ラストイズミール

イズミール最後の日がオマケなのもなんなんですが…。

特に何したってほどでもないんですが

市内ブラブラ歩いたりしてたんですけどね。

写真がほぼないんです…例のiphone盗難で

ということで、オマケ的にご紹介する最終日は

夜の海沿いの景色と

ってコレもあんまり栄えてないエリアで(泣)

道路の先の、明かりが灯ってるあたりがカフェ&バーエリア。

そして、海側に見える夜景。

で、最後のイズミールディナーは

海沿いのキラキラエリアではなく、宿近くのローカルエリアで

宿スタッフが美味しいと教えてくれた

トルコ人らしく陽気な店員さんのいるケバブ屋さん。

お店の位置は、小さすぎて特定出来ずです。

宿近くのAnafartalar Cd.という通り沿いにあるチキンケバブ屋さんです。

この通り、小さいケバブ屋とか、サンドイッチとかバーガーとか

トコロ狭しとありますので・・・。

逆に言えば、この通りに行けば、ローカル価格の安いゴハンにはありつけます。

で、いつもながらの、この量・・・。

パンが小さいんじゃなくて、お肉の量が多いんです。

コレを食べ続けると、

ケバブ屋のおじちゃんのようなオナカが出来上がる(笑)

ヨーグルトドリンクのアイランと一緒にいただいて、

イズミール滞在は終了です。

このケバブ食べて、軽くビールも飲んで

夜行バスでイスタンブールへ移動しました!

ということで、次回ブログはイスタンブールです!!

日本ブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
ad-responsive
ad-responsive
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします♪