【世界一周74〜76日目:ウズベキスタン】タシケント〜青の都サマルカンド!

ウズベキスタン滞在2〜4日目のブログです。

久々の更新となりました・・・。

現在地は13ヶ国目ブルガリア、Veliko Tarnovoという街にいます。

ついにヨーロッパ入りです!

が、ブログはまだまだ中央アジアです。

ウズベキスタン、続けます。

タシケントに1泊だけして、サマルカンドへ移動した日のブログです。

(1$=6,200スム※闇レート 2016年10月時点 です。)

タシケントからサマルカンドへ!

1泊だけしたタシケント

この後ぐるっとウズベクを周遊して戻ってくる予定だったので

大きな荷物を宿に預けて、サマルカンドへ出発しました。

タシケントからサマルカンドへは、

シェアタクシーを利用して移動しました。

移動経路は

タシケント駅

↓メトロ(アリシェール・ナヴォイ駅で乗り換え)

オルマゾール駅

駅前のタクシー乗り場からシェアタクシー

サマルカンド

でした。

まずは、タシケント駅からメトロに乗ります。

がらーんとした地下通路を抜けて、メトロの乗り口へ。

pa030437

事前情報では800スムとのことでしたが、

1200スムに値上がりしていました・・・。

アリシェール・ナヴォイ駅で乗り換え

オルマゾールという駅に向かいました。

サマルカンドへ向かう前に、駅前の食堂でランチにしました。

ABDUVALI OTAというお店。

pa030459

ここの食堂から、道路を挟んだ向かい側がタクシー乗り場になっています。

ランチ後、レストランのおじちゃんにタクシー乗り場を尋ねたところ

おじちゃんがタクシー乗り場に向かって

「サマルカンド!サマルカンド!」

と叫んでくれてしまったので(笑)

大量のタクシー運転手に一斉に囲まれ

値交渉をすることになったのでした・・・。

あっちこっちから色んな値段が飛んでくるんですが

交渉を進めると、どんどん下がる(笑)

運転手、みんな笑顔でなんだか楽しそう♪

結果、最初の言い値が40,000スタートだったのですが

1人25,000スムで乗ることができました。

ややこしいですが、闇レートで約$4です。

最初3人+ドライバーでスタートし

途中でもう1人乗ってきて、5人満席で走りました。

綿花畑を抜け

pa030463

牛の大群に道を阻まれたりなんかしつつ(笑)

pa030464

相乗りだったお兄ちゃんが、スマホ地図を片手に

一生懸命私たちの宿までナビしてくれたりなんかもして

pa030466

無事、宿近くまでタクシーでたどり着いたのでした。

14時頃オルマゾールを出発し、サマルカンド着は18:30頃でした。

pa030467

さっぱり英語通じなかったけど、一生懸命話そうとしてくれた

優しい運ちゃんと相乗りのお兄さん、ありがとう♪

ちなみに、サマルカンドに向かう前にオルマゾールでランチをする方は

ABDUVALI OTA、オススメですよ♪

(こんなルート、あんまり参考になりませんかね?笑)

シャシュリクも焼いてるお店でした!

pa030455

私たちが頼んだのは、ビフシュテック?(だと思う)7,000スム。

pa030439

ラムのハンバーグが載ったぶっかけパスタ的な。

みんなコレ食べてました。美味しかった♪

こちらはラグマン(6,000スム)。

pa030443

キルギスに引き続き、ウズベクもラグマンが郷土料理ですが

ここのラグマン、麺モチモチでおいしかった!!

もちろん、シャシュリク(3,500スム)も頼みました。

pa030450

そこで焼いてたらつい・・・ねぇ(笑)

もちろん、こちらもおいしかったです。

そんなこんな、サマルカンド滞在スタートです♪

サマルカンドの安宿

宿泊したのは、フルカット ゲストハウスというところ。

朝食込で1泊$9でした。

入口はちょっと分かりにくいですが(右側がドア)

pa050800

立地はバツグンだと思います。

ドミのお部屋はこんな感じ。

img_2793

置物や絵がごちゃっとしたのが好きかは・・・

あなた次第(笑)

ベッド結構きしみます・・・。

中庭共有スペースには、電源確保できるチャイハネなんかもあって

結構よかったです♪

pa040482

屋上テラスからは、サマルカンドの景色も望めました。

朝ごはんは、結構豪華

pa040472

・・・なように見えて、実はお菓子だらけだったり。

果物は色々あってよかった!メロンおいしかったし♪

チャイハネ使ってる時は、お手伝いさんが頻繁にチャイを入れてくれたり

何かとよかったかなと思います。

季節は10月でしたが、チャイハネ使うには寒さギリギリでしたけどね(笑)

青の都サマルカンド♪

青の都と呼ばれるサマルカンド。

その名の通り、モスクをはじめとする建造物やタイル、食器など

ブルーの鮮やかな装飾が施されているものが多い、美しい街です♪

まず最初は、シャーヒズィンダ

pa040510

メインとなるのは廟群で、丘のふもとに建っています。

工事中なのは残念ですが・・・

門の装飾はキレイでした♪

門の中には入れますが

pa040520

そこから先は有料。

入場料9,000スムでした。

中へ入ると

pa040527

ブルーの廟群が!

鮮やかでとてもキレイ!!

奥にもたくさん廟が続いていきます。

pa040543

ちょっとずつ違いますが、内部は大体こんな感じ。

pa040534

お墓を中心に、内部も色鮮やかな装飾が施されています。

内部にはモスクも。

pa040555

お祈りしている彼らと、なぜかこの後一緒に見て回り・・・

ウズベク美人と一緒に写真に収まって終了しました(笑)

pa040563

他にも色々家族と撮られたんですけどね・・・

気さくで好きです、ウズベクの人たち♪

続いて、レジスタンスクエア。

一番メインとなるモスクのある広場です。

pa050742

こちらも、それぞれの門に異なる美しい装飾が。

pa050741

中にも入れるんですが、入場料かかるので入りませんでした(笑)

夜のライトアップもキレイです♪

pa050717

日や時間帯によって色が変わるみたいです。

私が見たときは、割とベーシックな柔らかいライトアップでした。

モスクの向かいは広場になっていて、日中は憩いの場。

pa050748

のんびり過ごすのにもってこいの場所です♪

こちらも、中には入らず通りすがりで見たHasti Imom

pa040579

お祈りに向かう人が続々と入って行ってました。

なんで入ってないかというと

要するに、あっちもこっちもモスクだらけなんですよ・・・

キリがないので・・・(笑)

ライトアップを見に行ったのは、Amir Temur モスク

pa050713

昼間のブルーもキレイですけど、ライトアップはやっぱりステキ♪

内部は夜間も有料ですけど、夜なら入口ギリギリまで無料で入れます。

pa050708

暗闇に浮かび上がる鮮やかなモスクの入口。

だ〜れもいなくて貸切状態の中、しばし堪能させていただきました。

満足♪

他にも噴水がライトアップされていたり

pa050701

街並がきれいで治安も良好なので、昼も夜も歩いて回るのに飽きない街でした!

マーケットでお買い物

レジスタンスクエアから歩いてすぐのところに

お土産屋さんが並ぶ通りがあります。

ツーリストインフォもあります。

運がよければ、JAICA日本人スタッフの方がいることもあるようです。

チャイハネのあるレストランがあったり

pa040664

伝統楽器や

pa040653

6段階変形のできる伝統ブックスタンドなど(笑)

pa040655

食器、洋服、帽子など、おみやげ一通りが揃います。

気が向いたら

pa040663

ラクダ像と戯れてみたりなんかもできます・・・

通りを抜けた先には、再びモスク

pa040636

そしてその横にSiyob Marketという大きな市場があります。

pa040634

かなり大きな市場でした。

食品、日用品、お土産、なんでも揃います。

pa040584

10月だったので、季節の野菜はカボチャ。

pa040602

キルギス同様、野菜の種類はかなりシンプルですが・・・

pa040597

なんかどれも巨大(笑)

ドライフルーツやお菓子なんかも

pa040631

かなりの店舗数が入っています。

もちろん、個人的にお目当てのスパイスは

pa040589

何かと安いので大量購入しました・・・。

サマルカンド名物のサマルカンドナンは

pa040612

焼きたてがリヤカーでどんどん運ばれていました。

中央アジアの中で、サマルカンドのナンが一番美味しいと思う♪

美容院とか、包丁研ぎとか、なんかとにかく色んなお店が密集してました。

ぐるっと見て回るだけで楽しいマーケットでした。

もちろん、スーパーでも色々揃います。

サラダをはじめ、お惣菜の種類は豊富。

pa050767

チーズも安くて色々、どれもおいしい!

pa050769

野菜やハーブは当然のこと

pa050763

主食の豆やお米も一通り購入できます。

pa050759

すごい種類ですね(笑)

結構何にでもお酢を使うので

pa050758

お酢の種類もリンゴ、ブドウ、穀物酢など色々使い分けできちゃいます。

フルーツジュースの種類も豊富なので

pa050764

安いリキュールと一緒に買って、割っちゃえます。

ちなみにビールは1本3,000スム〜とかで買えます。

キルギスと置いてあるものはそんなに変わりませんでしたが

ウズベクの方がやや種類豊富かな?という印象。

お土産、食、自炊、どこをとっても事欠かないよい街です♪

サマルカンドのレストラン

サマルカンドには2泊しましたが、

ランチ&ディナーどちらも2回ずつレストランを利用しました。

◎ランチ1件目

Siyob Market内にあるレストランChoyxona。

pa040622

メニューらしきものは見かけませんでしたが

店員さんが説明してくれました。

オーダーは、定番ラグマン。

pa040623

こちらは、まぁ・・・普通だったかな・・・。

チャイと合わせて5,500スムでした。

これに市場で買ったサマルカンドナン(1,500スム)を持込みで一緒にいただきました♪

pa040614

こんなやつ。巨大(笑)

焼きたてフワフワです♪

サマルカンドに来たら、ゼヒ購入してみてくださいな。

◎ランチ2件目

ここのお店は、個人的に大ヒット!

ツーリストインフォで旅友が情報をゲットしてきた、Boburというお店。

pa050797

宿からさらに奥へ進んだところにありました。

シャシュリクメインのお店です。

入口には、見るからに美味しそうなお肉さんたち♪

pa050770

ラム、ビーフ、チキン、ブレッド、ポテト、トマトなどなど。

定番のミンチシャシュリクは、おいちゃんが一生懸命こねて

pa050776

串刺しのプロが手際よく形を作り

pa050779

焼き担当が炭火で焼き上げるという

pa050773

そら〜・・・うまいに決まってますよね〜!!!

とりあえずウズベクビールのPulsar

pa050782

お肉モリモリな幸せな図が完成♪

pa050785

おいちゃん渾身の作はコチラ。

pa050790

フワフワ、肉感満載ジューシー♪手ごねの破壊力!サスガ!!

2人で33,000スム、1人あたりほぼ1コイン!!

店員さんのやたら気さくな、とてもよいお店でした〜。

◎ディナー1件目

宿からほど近い、交番横のお店。

近隣でお酒が飲めるお店がないと聞いていたのですが、見つけました(笑)

Orient Sweetsというお店。

img_2822

入口がちょっと分かりにくかったんですが、雰囲気ある建物、良いカンジです。

英語が話せる店員さんがいて、ちゃんとメニューを説明してくれました。

感じよかったです♪

オーダーしたのは、コチラ。

img_2803

メニュー名は分かりやすく、「野菜とお肉のシチュー」と書かれていました(笑)

13,000スムでした。

野菜もりだくさん、キャベツ、ポテト、ナス、キュウリピクルス、

カボチャ、オニオン、トマトにディル、イタリアンパセリ、チリ・・・。

お肉はビーフでした。

追加オーダーのウズベクワイン。

img_2817

ちゃんとしっかり冷えてました。

ドライとセミスイートが選べます。8,000スム。

他にも、ナゼか隣のテーブルにアペタイザーが色々並んでたので撮っておきました(笑)

img_2808

ビーツとキャロットのサラダなど。

色合いカワイイですね〜♪

tax 12%込で、全部で25,600スムでした。

wifiは残念ながらありませんでした。

営業時間は9:00〜22:00です。

◎ディナー2件目

Amir Temur Street沿いにある、Shirin Cafe&Barというお店。

pa040694

分かりやすく、お酒が飲めそうだったので入店(笑)

pa040675

ドラフトビール、コニャックなど、色々飲めます。

pa040679

中央アジアでよく見る、ミルフィーユになってるキレイなサラダ(6,000スム)

pa040683

下にアンチョビが隠れてます。

チーズと、日本とは違うサッパリマヨが絡まってちょうどいいおつまみに♪

サラダの種類は豊富。

こちらはオリーブサラダ(6,000スム)。

pa040681

シャシュリクも頼めます。

って、なんかシャシュリクばっか食べてましたが・・・。

pa040692

味付けシンプルグリルでした。ビーフとマトンをオーダーしてます。

各7,000スムでした。

1人25,000スムくらい、料理はそんなに安くなかったですが

お酒はこちらも格安、よいです(笑)

その他晩酌は、近所のスーパーでビールやコニャックを購入し

おつまみにサラダやチーズ、ナッツなどを広げて食べてました。

お酒がどこまでも安い中央アジア、ステキです♪♪

2泊きっちり満喫したサマルカンド。

次回は夜行列車でヒヴァへ向かいます!

日本ブログ村
世界一周ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
ad-responsive
ad-responsive
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちらからお願いします♪